こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」約4か月半経過。

ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」約4か月半経過。

今年の8月。

旬のオレンジレッドという品種の「あんず」を使って、きび砂糖とウォッカに浸して「あんず酒」を作ってみました。

12月に入り、約4ヶ月経過した「あんず酒」はどうなったか?

今日は、そんな「あんず酒」の様子をお伝えします◎

 

以前の記事、ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」 作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

以前、「あんず酒」をウォッカときび砂糖、あんずを浸けはじめてから約1ヶ月半後。

 

以前の記事、ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」約1か月半経過。お味見の結果。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

あんず酒の飲み頃は約3ヶ月〜1年後とされているようですが。

 

どうなっているかな〜と約3ヶ月経ったころからほんの少しお味見してみたりして。

日に日にアマレットの香りと色が茶色っぽくなってきて、なかなかいい感じになってきました◎

もうちょっと置いたらもっと美味しくなるかな〜と約4ヶ月経過しました◎

ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」約4か月半経過。

ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」約4か月半経過。
「あんず酒」の比較。

早速、「あんず酒」を漬けてからどう変化しているか、

「あんず酒」の色の変化の比較をしてみると。

 

あんずをきび砂糖、ウォッカと漬けた日【写真左】

1ヶ月半経過したもの【写真中央】

4ヶ月経過したもの【写真右】

お味見をして、少し減ってしまっているのでちょっと明るい色に見えますが、、

あんず酒の色の比較。
あんず酒の色の比較。
あんず酒の色の比較。
あんず酒の色の比較。

「あんず酒」の瓶を開けて上から見た比較は、

4ヶ月経過したものの方が明らかに濃い茶色になってきているかな〜と。

 

あんずをきび砂糖、ウォッカと漬けて1ヶ月半経過したもの【写真左】

4ヶ月経過したもの【写真右】

あんずをきび砂糖、ウォッカと漬けて1ヶ月半経過【写真左】4ヶ月経過【写真右】
あんずをきび砂糖、ウォッカと漬けて1ヶ月半経過【写真左】4ヶ月経過【写真右】
あんずをきび砂糖、ウォッカと漬けて1ヶ月半経過【写真左】4ヶ月経過【写真右】

あんずの栄養と「あんず酒」の効能。

あんずは大好きなフルーツのひとつ。

今年の夏はせっせと梅漬け・梅干しの代わりに「あんず漬け」を作ってみたり、「あんず酒」「アプリコットジャム」「アプリコットとヨーグルトのケーキ」など作りましたが。

 

以前の記事、簡単!「アプリコットとヨーグルトのケーキ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

4ヶ月経過した「あんず酒」は、

あんずの種から抽出されるアマレットの香りが1ヶ月半経過した時よりも強く、

お砂糖は控えめ、甘みもほんのりでお味もまろやかになってきたな〜といった感じ◎

あんずの種には、咳止めに使われる漢方もあるようですが。

 

あんずの栄養価は、フルーツの中でもトップクラス◎

主にβカロテン、カリウム、鉄分、食物繊維など。

抗酸化作用の高い栄養満点フルーツ。

 

また「あんず酒」の効能として、冷え性や食欲増進にもいいそうです◎

ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」約4か月半経過。

ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」約4か月半経過。

冷え性にもいいとされる「あんず酒」

今朝は、びっくりするほど寒かったブダペスト。

お天気をチェックしてみると、、−6℃。。

 

外に出ると、吐く息は白く、霜が降りて草のまわりも白く凍っていました。

いよいよ冬本番。

師走というだけあって、なんとなく気忙しい12月。

どうぞ体調にはお気をつけてお過ごしください◎

霜が降りたブダペスト。

霜が降りたブダペスト。