こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」 作り方・レシピ。

ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」

あんずをきび砂糖、ウォッカに浸して作る「あんず酒」

 

昨日、あんず「Orangered:オレンジレッド」という品種を使って、塩分10%で再びあんずで作る「梅干し・梅漬け」ご紹介しました。

 

あんず酒に必要な材料は、ホワイトリカーなどアルコール度数の高いお酒、お砂糖、あんず。

今日は、残ったウォッカとあんずを使って「あんず酒」を作ります。

 

あんずで作る「梅干し・梅漬け」塩分10% 作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

梅干し・梅漬けではなく、「あんず漬け」

梅酒ではなく、「あんず酒」

あるもので美味しく作れたら嬉しいな〜と思い、早速作ってみました◎

ウォッカを使って作る「あんず酒」

ウォッカを使って作る「あんず酒」

きび砂糖「Nádcukor:ナードツコル」

梅酒やあんず酒を作るときに使うお砂糖は、一般的には氷砂糖ですが。

あるもので作ってみようと、、思い立ったので。

いつも使っている「きび砂糖」を使うことに!

 

ハンガリー語で、きび砂糖は、Nádcukor:ナードツコル。

Nád:ナード = さとうきび。

cukor:ツコル =砂糖。

ハンガリーのスーパーで売られているものは、500gか1kgのものがほとんど。

 

いつもケーキやお料理など、きび砂糖ばかり使っていますが。

あんず酒につける場合、氷砂糖の方が色がきれいに出るのかな〜と思いながら、、

梅酒やあんず酒のお砂糖の基本的な量は、10〜20%と言われているので。

今回は少なめの10%で挑戦してみます◎

きび砂糖「Nádcukor:ナードツコル」
きび砂糖「Nádcukor:ナードツコル」
きび砂糖「Nádcukor:ナードツコル」

ポーランドの「ウォッカ:Vodka」

そして。

あんず酒を作るためのアルコール。

今回は「梅干し・梅漬け」の際に使ったポーランドのウォッカを使って◎

ポーランドのウォッカ。

ポーランドのウォッカ。

では、ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」 作り方・レシピをご紹介します♡

ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」 作り方・レシピ。

 :材料:

  • あんず  約500g
  • きび砂糖  約50g(あんずに対して10%)※
  • ウォッカ  300g

※今回は10%にしてみましたが、甘めがお好きな方は20%でも◎

 

瓶は、750ccのこちらを使用しました◎

Bormioli Rocco フィドBL ジャー 750cc 1.49520

Bormioli Rocco フィドBL ジャー 750cc 1.49520

  • ボルミオリ ロッコ(Bormioli Rocco)
Amazon

  

:作り方:

1. あんずをよく洗って、 よく乾かすか水分をキッチンペーパーなどで拭き取ります。

2. 瓶を熱湯消毒します。※

※熱湯を注いで、消毒しました。

3. 瓶の底にあんずを入れて、あんずに対して10%のきび砂糖を入れます。

あんずを入れて、きび砂糖(10%)を入れる。
あんずを入れて、きび砂糖(10%)を入れる。
あんずを入れて、きび砂糖(10%)を入れる。

同じように、あんずを入れて、あんずに対して10%のお砂糖を入れて。

もう一段、あんず、お砂糖と交互に入れました。

あんず、お砂糖と交互に入れる。
あんず、お砂糖と交互に入れる。
あんず、お砂糖と交互に入れる。

あんずを瓶にぎっしりと入れて◎

あんずを瓶にぎっしりと入れる。

あんずを瓶にぎっしりと入れる。

4. あんずがひたひたになるまで、ウォッカを注ぎ入れます。

あんずがひたひたになるくらい、ウォッカを注ぎ入れる。

あんずがひたひたになるくらい、ウォッカを注ぎ入れる。

5. フタを閉じて、熟成させます。

※約3ヶ月後から飲めるようですが、1年くらい置いておくと美味しくなるようです◎

フタを閉じて、熟成させる。

フタを閉じて、熟成させる。

今日は、ウォッカときび砂糖を使って作る「あんず酒」をご紹介しました◎

 

あんずで作る「梅干し・梅漬け」では、水分(あんず酢)がなかなか上がってこなく。

一週間経ってもあんず酢に浸かっていないという問題が発生し、、重石をしてみました。

 

今回は、どうなるでしょうか。

様子を見ながら、また変化があったらお伝えしたいと思います◎