こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

アーモンドとバジルで作る「ジェノベーゼ」作り方・レシピ。

アーモンドとバジルで作る「ジェノベーゼ」

フレッシュバジルとアーモンド、にんにく、パルメザンチーズ、オリーブオイルを合わせて。

フードプロセッサーで作る、シチリア風「Pesto alla genovese: ペスト アッラ ジェノベーゼ」

 

以前、バジルとくるみで作る「genovese:ジェノベーゼ」をご紹介しました。

本来は、松の実で作るイタリアのリグーリア州にある都市「ジェノヴァ」発祥のバジルソース。

 

今日は、シチリア風に◎

アーモンドの名産地、シチリア。

シチリアに行くと、アーモンドのお菓子やリキュールなど、アーモンドの美味しいものがたくさん!

そんな「アーモンド」を松の実の代わりに使って作る「genovese:ジェノヴェーゼ」

 

以前の記事、フレッシュバジルとくるみで作る「ジェノベーゼ」Pesto alla genovese: ペスト アッラ ジェノベーゼ。作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

アーモンドとバジルで作る「genovese:ジェノベーゼ」

アーモンドとバジルで作る「genovese:ジェノベーゼ」

昨日、ご紹介しましたイタリア人の友人に教えてもらった「Caprese:カプレーゼ」を作るコツ。

カラフルトマトとモッァレッラチーズ、フレッシュなバジルを使った夏にぴったりの一皿◎

イタリア人の友人直伝!カラフルトマトの「Caprese:カプレーゼ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

農家の方の採りたてのカラフルなトマト、そして新鮮な「バジル」がわさっと束になって売られているものを一つ購入すると、、おまけね!ともう一つプレゼントしてくれました◎

大量のバジルを使って、、

これは「ジェノベーゼ」を作ろう!と。

 

バジルのいい香りがふわ〜んとして、癒されます◎

お花が咲くくらいよく育ったバジルなので、茎はかなり硬め。

茎を入れるとお味も苦くなってしまうので、、

よーく洗ったバジルを、茎から葉を摘み取って「ジェノベーゼ」作りをはじめます◎

バジルを、茎から葉だけを取る。
バジルを、茎から葉だけを取る。
バジルを、茎から葉だけを取る。

できあがった「ジェノベーゼ」をRigatoni:リガトーニというパスタと合わせてみました◎

ジェノバ発祥の「genovese:ジェノベーゼ」に使われる松の実のものよりも、

シチリア風にアーモンドで作ったものは、香ばしくコクもあり、食感もなかなか◎

 

パスタ【Rigatoni:リガトーニ】を使った別のレシピは、

イタリア人の友人直伝!「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」作り方・レシピ。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

シチリア風「Pesto alla genovese: ペスト アッラ ジェノベーゼ」パスタ。

シチリア風「Pesto alla genovese: ペスト アッラ ジェノベーゼ」パスタ。

では、アーモンドとバジルで作る「ジェノベーゼ」、シチリア風「Pesto alla genovese: ペスト アッラ ジェノベーゼ」の作り方・レシピをご紹介します♡

 

アーモンドとバジルで作る「ジェノベーゼ」作り方・レシピ。

:材料:

  • バジル(葉)  60g
  • にんにく  1〜2片
  • アーモンド  30g
  • パルメザンチーズ  80g
  • オリーブオイル  60g(50g+10g)
  • 塩   10g※

※数日保存する用にお塩を入れましたが、すぐに食べる場合は、入れなくても◎

:作り方:

1. バジルをよく洗って、茎から葉を摘み取ります。

バジルをよく洗い、茎から葉を摘み取る。
バジルをよく洗い、茎から葉を摘み取る。
バジルをよく洗い、茎から葉を摘み取る。

2. フードプロセッサーでアーモンド、パルメザンチーズを細かくします。  

フードプロセッサーでアーモンド、パルメザンチーズを細かくする。
フードプロセッサーでアーモンド、パルメザンチーズを細かくする。
フードプロセッサーでアーモンド、パルメザンチーズを細かくする。
フードプロセッサーでアーモンド、パルメザンチーズを細かくする。

 

 

3. フードプロセッサーにバジルとにんにくを入れ、細かくします。

フードプロセッサーにバジルとにんにくを入れ、細かくする。
フードプロセッサーにバジルとにんにくを入れ、細かくする。
フードプロセッサーにバジルとにんにくを入れ、細かくする。

撹拌すると、フードプロセッサーの容器の側面にくっつくので。

ゴムベラなどで刃にあたるように下にまとめます◎

フードプロセッサーの容器の側面についたものを落としてまとめる。

フードプロセッサーの容器の側面についたものを落としてまとめる。

4. オリーブオイル50gを入れて、混ぜます。

オリーブオイル50gを入れて撹拌する。
オリーブオイル50gを入れて撹拌する。
オリーブオイル50gを入れて混ぜる。

5. ②のパルメザンチーズを入れて、混ぜます。

パルメザンチーズを入れて、攪拌する。
パルメザンチーズを入れて、攪拌する。
パルメザンチーズを入れて、混ぜる。

6. ②のアーモンドを入れて、混ぜます。

アーモンドを入れて、攪拌する。
アーモンドを入れて、攪拌する。
アーモンドを入れて、混ぜる。

7. お塩※とオリーブオイル10gを加え、混ぜます。

※すぐに食べる場合は、入れなくても◎

お塩とオリーブオイル10gを加えて、攪拌する。
お塩とオリーブオイル10gを加えて、攪拌する。
お塩とオリーブオイル10gを加えて、混ぜる。

8. きれいな瓶に「ジェノベーゼ」を入れて※、できあがり♡

※イタリア人の友人は、保存する場合、冷蔵庫で約3〜7日、冷凍庫で約2〜3ヶ月できるよ〜と話していました◎

アーモンドとバジルで作る「ジェノベーゼ」

アーモンドとバジルで作る「ジェノベーゼ」

できあがった「ジェノベーゼ」をパスタと合わせて食べる時は、パスタの茹で汁と一緒に少し※混ぜるとクリーミーな感じになります◎

※今回は、パスタ100gに対して大さじ1くらい混ぜました。

シチリア風「Pesto alla genovese: ペスト アッラ ジェノベーゼ」パスタ。

シチリア風「Pesto alla genovese: ペスト アッラ ジェノベーゼ」パスタ。