こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

イタリア人の友人直伝!「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」作り方・レシピ。

 イタリア人直伝!「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」

ちょっと時間をかけて作る本格ボロネーぜソース「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」

 

イタリアの北部エミリア=ロマーニャ州の州都ボローニャ。

ミラノから南へ電車で1時間ちょっと。車で2時間半ほどのところにある街。

生ハムやパルメザンチーズなどで有名なパルマもボローニャと同じ州にあり、美味しい食材がたくさん◎

 

このボローニャ発祥のパスタソース、

イタリア語で「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロニェーゼ」

 

意味は、

Ragù: ラグー  =(フランス語で)煮込み

alla: アッラ = 〜の

bolognese: ボロニェーゼ = ボローニャ風

「ボローニャ風の煮込み」

 

ベーコン(パンチェッタ)、玉ねぎ、人参、セロリ、ひき肉を炒めて、トマト缶と一緒にじっくり時間をかけて煮込むソース◎

コトコトと煮込んだボロネーゼソースのお味は格別◎

 

イタリアでは、パスタと食べる場合、タリアテッレやビゴリ、リガトーニと呼ばれるパスタと合わせて食べられるそうですが。

今日は、リガトーニと合わせてみました◎

イタリア人直伝!「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」

イタリア人の友人直伝!「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」

 

本格ボロネーゼとは?

イタリア人の友人と話している時。

「ボロネーゼ」はずっとミートソースだと思っていた私は、

ボロネーゼってひき肉とお野菜を炒めて簡単にできるからいいよね!と言うと、、

 

え!??それは何か違うものじゃない??

最低でも2時間は煮込まないと!、と。。

 

伝統的なイタリアの「ボロネーゼ」は、そんな単純なものではないそう。

さらに、にんにくを入れるものかと思っていましたが、基本的には入れないそうです。

あとは、牛乳!

ひき肉を炒めた後、ワインを入れてアルコールを飛ばして。

そこに、牛乳を少し入れて、煮たところにトマト缶を入れて、じっくり2時間煮込む。

牛乳を入れることによって、お肉の臭みを取る効果と味がまろやかになるのかな〜と。

 

材料は、牛のひき肉を入れたり、レバーを入れたりと作り方は様々のようですが。

今日は、イタリア人の友人直伝!「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」作り方・レシピをご紹介します♡

 

以前、ご紹介しましたイタリア人の友人から教えてもらった別のレシピ、

イタリア人の友人直伝!「かぼちゃのリゾット」のレジピはこちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

イタリア人の友人直伝!「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」作り方・レシピ。

:材料:

  • 豚ひき肉  600g
  • 玉ねぎ   1個
  • 人参    1本
  • セロリ   1本
  • ベーコン  50〜100g
  • オリーブオイル 適量
  • トマト缶  1缶
  • ワイン(赤または白の辛口) 100cc
  • 牛乳    100cc
  • 塩    お好みで
  • 黒こしょう お好みで
  • パルメザンチーズ  お好みで

:作り方:

1. ベーコン、玉ねぎ、人参、セロリを細かい角切りにします。

※ お野菜の食感を残したかったので細かい角切りにしましたが、みじん切りやフードプロセッサーなどで細かくしても◎

2. お鍋にオリーブオイルを入れて、ベーコンを炒め、玉ねぎを加えて炒めます【写真左】

3. 人参を入れて、炒めます【写真右】

お鍋にオリーブオイルを入れて、ベーコン、玉ねぎ、人参を炒める。
お鍋にオリーブオイルを入れて、ベーコン、玉ねぎ、人参を炒める。
お鍋にオリーブオイルを入れて、ベーコン、玉ねぎ、人参を炒める。

4. セロリを加えて炒めます。

セロリを加えて炒める。
セロリを加えて炒める。
セロリを加えて炒める。

5. ひき肉を入れて炒めます。

ひき肉を入れて炒める。
ひき肉を入れて炒める。
ひき肉を入れて炒める。

6. 白ワイン(または赤ワイン)を入れて、アルコールを飛ばします。

 白ワイン(または赤ワイン)を入れて、アルコールを飛ばす。

白ワイン(または赤ワイン)を入れて、アルコールを飛ばす。

7. 牛乳を入れて、よく混ぜながら火にかけて、塩、こしょうをします。

牛乳を入れて、よく混ぜながら火にかける。
牛乳を入れて、よく混ぜながら火にかける。
牛乳を入れて、よく混ぜながら火にかけて塩こしょうする。

8. トマト缶を加えて、トマト缶にお水を少し(約100cc)入れてゆすいで入れ、混ぜます。

トマト缶を加えて、トマト缶にお水を少し(約100cc)入れてゆすいで入れる。
トマト缶を加えて、トマト缶にお水を少し(約100cc)入れてゆすいで入れる。
トマト缶を加えて、トマト缶にお水を少し(約100cc)入れてゆすいで入れる。

9. お鍋のフタを少しずらして、開けた状態でゆっくり弱火で煮込みます。(約2時間)

※焦げないように、たまにかき混ぜると◎

10. 約2時間後、お味見をしてお好みで塩こしょうをします。

約2時間後、お味見をしてお好みで塩こしょうをする。
約2時間後、お味見をしてお好みで塩こしょうをする。
約2時間後、お味見をしてお好みで塩こしょうをする。

これで、「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」は完成です◎

 

今日は、リガトーニというパスタと一緒に◎

フライパンに食べる分のボロネーゼソースを入れて火にかけて。

茹で上がったパスタと合わせます。

フライパンに食べる分のボロネーゼを入れて、茹で上がったパスタ(リガトーニ)と合わせる。
フライパンに食べる分のボロネーゼを入れて、茹で上がったパスタ(リガトーニ)と合わせる。
フライパンに食べる分のボロネーゼを入れて、茹で上がったパスタ(リガトーニ)と合わせる。

お皿に盛り付けて、お好みで黒こしょう、パルメザンチーズをかけてできあがり♡

イタリア人の友人直伝!「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」

イタリア人の友人直伝!「Ragù alla bolognese:ラグー アッラ ボロネーゼ」