こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

フレッシュバジルとくるみで作る「ジェノベーゼ」Pesto alla genovese: ペスト アッラ ジェノベーゼ。作り方・レシピ。

フレッシュバジルとくるみで作る「ジェノベーゼ」

夏も終わりに近づいて、バジルのお花が咲いてしまったフレッシュバジルを使って【ジェノベーゼ】を作りました。

お花と茎は苦味があるので、、バジルの葉っぱだけを摘み取ります。

バジルの香りは爽やかで本当にいい香り♡

 

ジェノベーゼは、「フレッシュバジル、パルメザンチーズ、にんにく、オリーブオイル、松の実」が基本的な材料。

今日は松の実ではなく、くるみで作って見ました。

フードプロセッサーでぶーんっと混ぜるだけなのでとっても簡単!

 

ジェノベーゼはイタリアのリグーリア地方にある都市ジェノバ生まれのバジルソース。

ジェノバはバジルが美味しい!と有名◎

ジェノベーゼ:genoveseはイタリア語でジェノバの、という意味。

ジェノバで生まれたから「ジェノベーゼ」という名前がついたのですね。

 

今日のジェノベーゼに使用したバジルはハンガリーのバジルですが、、パルメザンチーズとくるみ、バジル、オリーブオイルの組み合わせは最高!

パスタソースとして、パンにジェノベーゼを塗ってトマトとチーズで簡単にピザトーストにしてみたり、お料理に使ったりと便利なソース♡

 

ジェノベーゼの保存方法。

ジェノベーゼの保存方法は3つあるそうです。

  1. 冷蔵庫で保存(約3〜7日)
  2. 冷凍庫で保存(約2〜3ヶ月)
  3. 瓶に詰めて保存(長期保存可能)

イタリア人の友人が話していたのは、大体なので、、はっきりとは言えませんが、私は数日で食べられるくらいの量を冷蔵保存。それ以外は冷凍保存しました。

 

では、ジェノベーゼのレシピ・作り方をご紹介します♡

フレッシュバジル。

フレッシュバジル。

 

「ジェノベーゼ」Pesto alla genovese: ペスト アッラ ジェノベーゼ。

:材料:

  • フレッシュバジル(葉っぱのみ)  60g
  • にんにく   2片
  • パルメザンチーズ(Parmiggiano reggiano)  100g
  • オリーブオイル 60g(50g+10g)
  • くるみ  30g
  • 塩 10g

 

:作り方:

1. フレッシュバジルをよく洗い、バジルの葉を摘み取る。

バジルの葉を摘み取る。

バジルの葉を摘み取る。

 

2. フードプロセッサーでくるみ、パルメザンチーズを細かくする。

くるみを細かくする。

くるみを細かくする。

パルメザンチーズ。

パルメザンチーズ。

 

3. フードプロセッサーにバジルとにんにくを入れ、細かくする。

フードプロセッサーにバジルとにんにくを入れる。

フードプロセッサーにバジルとにんにくを入れる。

フードプロセッサーで細かくする。

フードプロセッサーで細かくする。

4. オリーブオイル50gを入れる。

オリーブオイルを入れる。

オリーブオイルを入れる。

5. パルメザンチーズを入れ、混ぜる。

パルメザンチーズを入れる。

パルメザンチーズを入れる。

フードプロセッサーで混ぜる。

フードプロセッサーで混ぜる。

 6. くるみを加え、混ぜる。

くるみを入れて、混ぜる。

くるみを入れて、混ぜる。

 7. お塩とオリーブオイル10gを加え、混ぜる。

お塩とオリーブオイルを入れ、混ぜる。

お塩とオリーブオイルを入れ、混ぜる。

 8. できあがり♡

フレッシュバジルとくるみでジェノベーゼ。

フレッシュバジルとくるみでジェノベーゼ。

今回は、一つ一つ材料を細かくして、少しづつ合わせていく作り方をご紹介しました。

もっと簡単に!という場合は、全ての材料を一緒に混ぜてしまっても◎

数ヶ月保存可能という冷凍保存用は、保存容器に入れて冷凍庫へ。

 

イタリアのジェノバではこの「ジェノベーゼ」をいろんな種類のパスタと合わせて。

特に、「リングイーネ:linguine」や「トロフィエ:trofie」と呼ばれる少しねじられた短いパスタや、ニョッキと合わせて食べるのが1番!とされているそう◎

 

いろんなお料理にも使える【ジェノベーゼ】

フレッシュバジルがたくさんある時は、保存しておくといろいろ楽しめるのが嬉しいですね◎

保存容器に入れ、冷凍保存する。

保存容器に入れ、冷凍保存する。