こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 よりレシピのメモ

はじめての納豆作り!1日目。

ハンガリー人と納豆。

今週のお題「納豆」

 

納豆を知っているハンガリー人はどれだけいるのかな、、

以前、ハンガリー人の友人宅で持ち寄りパーティーをした時、

納豆をお味見してもらうために、

納豆巻きや数種類の巻き寿司を作り、持って行きました。

 

その結果、

まず納豆の強烈な臭いにびっくりされ、ほとんどお味見もしてもらえず、、

さらに ”くさいお豆” と命名される始末。。

ごく数人の試食してくれた友人は、

『わさびをた〜っぷりつけると美味しいよ!』っと言ってくれましたが、、

納豆、残念ながら人気はありませんでした。。

 

ハンガリーでの納豆はとっても貴重!

 

ハンガリーで「納豆」が食べたい!と思っても、

日本のスーパーのようにずらーっといろんな種類の納豆はなく、

ブダペストではごく限られた日本食材のお店で、

限られた種類 (大体1〜2種類)の納豆が手に入る、

というとっても貴重な食材。

 

美味しい納豆作ってみたいな〜っ、でもなかなか難しそう。。

と腰が重かったのですが、

 

ついに!!

以前、私の好きなお店でご紹介したブダペストにある食材店「Azsia」アジア、

というお店ハンガリー産の美味しいそうな大豆を発見!

納豆作り!してみようと思います。

 

以前の記事はこちら♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

納豆とハンガリー産大豆。

納豆とハンガリー産大豆。

 

納豆ってどうやって作るの?

 

いろいろと納豆の作り方を探してわかった納豆作りの工程は、

お水に浸す→茹でる or 蒸す→発酵。

ただ、発酵のための温度が重要とのこと。

 

材料は、納豆菌 (市販の納豆) と大豆のみ。

なんだかシンプル!大雑把な私にもできるかも〜!と思い始めました。

 

ハンガリーでの納豆と大豆の価格。

 

ハンガリーでは納豆は高級品。

日本食材店で納豆1パック 1400フォリント=日本円で約500円!

日本のおよそ5倍の価格でしょうか。。

ハンガリー産大豆は、、なんと1袋900g 310フォリント=約100円ちょっと。。

納豆はかなりお高めですが、ハンガリー産大豆はとってもお安い。

納豆作りのための材料、全て揃いました!

 

ハンガリー産大豆。

ハンガリー産大豆。

早速、納豆作り開始!

 

まんまるの美味しそうな大豆。

あちこちで大豆を探していたのですが、大粒のものがなかなか見つからず、、

これは私好みの大粒納豆ができそう♡

 

まずボールに大豆を入れて、300gの計ります。

大豆300gから、約600gの納豆ができるそうです。

たくさん作って冷凍しよう、、と考えています。

 

大豆にお水を入れた状態。

大豆にお水を入れた状態。

大豆を計った後に、ひたひたのお水に浸します。

お水を入れた瞬間、大豆の皮がもうふやけているような、、?

 

お水に浸かって1時間の大豆の状態。

お水に浸かって1時間の大豆の状態。

お水に浸けて、約1時間経ちました。

もうこんなにお水を吸収しています。もうちょっとお水、足した方がいいかな。

 

納豆作りには、室温が25℃以上あるとベスト!とのことですが、

あいにく、、この週末のブダペストのお天気は雨。肌寒いです。

 

このまま今夜は一晩、お水に浸した状態で放置。

明日の朝、大豆を茹でて、発酵させる予定です。

はじめての納豆作り、1日目終了!

美味しくできますように〜♡

 

はじめての納豆作り!2日目はこちらから♡

konyhamemo.hatenablog.com