こにはめも

ハンガリーのキッチン「Konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」生地の作り方・レシピ。

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」

強力粉、全粒粉、小麦粉とお水の「天然酵母」を使って作る「プレーンベーグル」

 

先日、天然酵母に詳しい友人に簡単に作る方法があるよ!と教えてもらった「ベーグル」の作り方。

そのレシピを基に、強力粉と薄力粉を手で捏ねて、作ってみたのですが。

本当に放置している時間が長いだけで、ほとんど手間がかからない天然酵母のベーグル◎

 

焼きたてのベーグルのもちもち感と香ばしさ、香りがたまらなく。。

もっと簡単にできるかな!?と、今回は手で捏ねずにホームベーカリーのパン生地のコースを使ってパン生地作り。

12時間ほどフタをして、室温に放置した「ベーグル生地」を使って焼いてみました◎

 

以前の記事、【天然酵母】強力粉と薄力粉で作る「プレーンベーグル」生地の作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

【天然酵母】強力粉と薄力粉で作る「プレーンベーグル」パンの成形・焼き方。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」

放置時間の長い「ベーグル生地」

今回は、全粒粉を混ぜての「プレーンベーグル」

天然酵母の独特な酸味、もちもち感と全粒粉の香ばしさが加わって◎

 

材料は、元気な天然酵母、強力粉、全粒粉、お水、お砂糖、お塩。

パン生地を作る前日に天然酵母を元気にする(起こす)工程をして。

ホームベーカリーに「ベーグル生地」をこねてもらい。

12時間寝かせて。。

茹でて、焼く。

 

天然酵母パンを焼く時は、タイマーを使って、時間をはかりながら、、

パン生地を折り畳み、発酵を促進させて、、と作業をするのですが、それもなく。

このベーグル生地は12時間放置。

手間がかかるといえば、「形作り」とベーグルの照りを出す工程の「茹でる」くらい。

 

できあがった天然酵母の「プレーンベーグル」を使ってベーグルサンドを作ってみました◎

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」のベーグルサンド。

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」のベーグルサンド。

ごはんを作ってご馳走してくれたり、いつも気にかけてくれる姉のようなハンガリー人の友人。

彼女から休みの日に、歩きに行かない?と嬉しいお誘いがあり。

天然酵母のベーグルを焼き、サンドイッチを持って行こう!と。

 

焼き上がったベーグルに、クリームチーズ、ツナ、ルッコラなど挟んだ塩味のもの、

甘めの何か、、と思い、クリームチーズ、カマンベールチーズ、くるみ、メープルシロップを挟んでみました◎

 

メープルシロップを使ったクッキーのレシピは、

バター・卵・砂糖なしで作る「メープルシロップのクッキー」作り方・レシピ。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

まだまだ朝晩は冷え込むブダペストですが。

植物の葉の色が黄色っぽい色から緑色になってきたな〜と。

少しづつ春に近づいていることを実感するこのごろ。

少しづつ春に近づいているブダペスト。

少しづつ春に近づいているブダペスト。

では。

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」生地の作り方・レシピをご紹介します♡

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」生地の作り方・レシピ。

:材料:(ベーグル約8個分)

天然酵母の用意【1日目】
  • 天然酵母(冷蔵庫で保存してあるもの)   15g
  • 強力粉   50g
  • 水     50g
ベーグル生地【2日目】
  • 天然酵母(前日から用意してあるもの)  115g
  • 水         300g
  • 砂糖(きび砂糖使用)  30g
  • 強力粉    300g
  • 全粒粉    200g
  • 塩       7g

:作り方:  

天然酵母の用意【1日目】

1. 熱湯消毒したきれいな瓶に天然酵母、強力粉、お水を入れて【写真左】混ぜます【写真右】

熱湯消毒したきれいな瓶に天然酵母、強力粉、お水を入れて混ぜる。
熱湯消毒したきれいな瓶に天然酵母、強力粉、お水を入れて混ぜる。
熱湯消毒したきれいな瓶に天然酵母、強力粉、お水を入れて混ぜる。

2. 混ぜたものをふわっとラップなどをして【写真左】室温に8〜12時間ほど置いておきます※【写真右】

※約8時間置いておくと、約2倍ほどにはなっていましたが、、所用があったのでそのまま置いておきました◎

混ぜたものをふわっとラップをして室温に8〜12時間置いておく。
混ぜたものをふわっとラップをして室温に8〜12時間置いておく。
混ぜたものをふわっとラップをして室温に8〜12時間置いておく。

さらに8時間後。

どうなってるかな〜と天然酵母の様子を見てみると。

少〜し膨らんで気泡が増えている感じ◎

さらに8時間後の天然酵母の様子。
さらに8時間後の天然酵母の様子。
さらに8時間後の天然酵母の様子。

早速、この元気になった天然酵母を使ってホームベーカリーで「ベーグル生地」作ります◎

ベーグル生地作り【2日目】

1. ホームベーカリーのパンケースに前日から用意して元気な天然酵母、お水、お砂糖を入れて、ゴムベラなどで混ぜます。

ホームベーカリーのパンケースに元気な天然酵母、お水、お砂糖を入れて混ぜる。
ホームベーカリーのパンケースに元気な天然酵母、お水、お砂糖を入れて混ぜる。
ホームベーカリーのパンケースに元気な天然酵母、お水、お砂糖を入れて混ぜる。

2. 強力粉、全粒粉、塩を入れます【写真左】

3. パン生地作りのコースをスタートさせて、捏ねます【写真右】

強力粉、全粒粉、塩を入れ、パン生地コースでこねる。
強力粉、全粒粉、塩を入れ、パン生地コースでこねる。
強力粉、全粒粉、塩を入れ、パン生地コースでこねる。

4. ボウルにパン生地を入れます【写真】

5. 乾燥しないようにフタやラップなどをして室温に約12時間置いておきます※【写真右】

※約12時間後、ぷく〜っと約2倍ほどにベーグル生地が膨らんでいます◎

ボウルにパン生地を入れ、フタやラップなどをして室温に約12時間置いておく。
ボウルにパン生地を入れ、フタやラップなどをして室温に約12時間置いておく。
ボウルにパン生地を入れ、フタやラップなどをして室温に約12時間置いておく。

これで自家製天然酵母※を使った「ベーグル生地」は完成です◎

 

※自家製天然酵母は小麦粉とお水で作ったものを使用しています。

小麦粉とお水で作る!天然酵母の作り方。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

明日は、くるくるっと生地を巻いて、ベーグルの形を作り。

茹でて、焼いていきます◎

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」

【天然酵母】強力粉と全粒粉で作る「プレーンベーグル」