こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta」作り方・レシピ。

リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta」

リコッタチーズとマッシュポテト、ベーコンを混ぜて。

パン粉とパルメザンチーズをかけてチーズたっぷりのオーブン焼き。

「Pasticcio di patate e ricotta:パスティッチョ ディ パターテ エ リコッタ」

 

イタリア語の意味は、

Pasticcio:パスティッチョ  =パイ、ごちゃごちゃに混ぜる。

di:ディ =〜の

patate:パターテ =じゃがいも

e:エ =〜と

ricotta:リコッタ =リコッタチーズ

「リコッタチーズとじゃがいものごちゃ混ぜパイ(オーブン焼き)」

 

先日、洋梨とリコッタチーズを使って作るケーキをご紹介しました。

その残りのイタリアのチーズ「リコッタチーズ」を使って。

じゃがいものオーブン料理を作ります。

 

リコッタチーズと洋梨のケーキ「Torta Ricotta e Pere:トルタ リコッタ エ ペーレ」作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

今朝のブダペストのお天気は、雨。

気温は、10℃。

なんだかぐんっと冷えて、ますます秋の色が深まってきそうです。

寒くなってくると食べたくなる、オーブン料理◎

 

以前、イタリアの友人宅でご馳走になって美味しかったな〜と思い出しながら作る、リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta」

 

茹でたじゃがいもをマッシュポテトにして、リコッタチーズ、卵などの材料と混ぜて。

オーブンで焼くだけ。

パン粉とパルメザンチーズをかけて焼いた表面はカリッと。

じゃがいもとたっぷりのチーズがほっこりする一品◎

リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta」

リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta」

以前ご紹介しました、パルメザンチーズとパン粉を使ってオーブンで作る!揚げない「イタリアンチキン」のレシピは、

オーブンで作る!揚げない「イタリアンチキンカツ」作り方・レシピ。こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

たんぱく質たっぷり!リコッタチーズ。

先日、洋梨とリコッタチーズのケーキの際にも「リコッタチーズ」についてご紹介しましたが。

 

イタリア語でricotta:リコッタは、

ri:リ =再び

cotta: コッタ =煮た

「再び煮た」という意味。

 

チーズを作る工程の際に生じるホエー(乳清)を煮詰めてできるものが「リコッタチーズ」

脂肪分の少ないホエー(乳清)を使って作るリコッタチーズは、脂肪分が少なくたんぱく質がとっても豊富!

 

作り方は、蒸気をホエーに通して80〜90℃ほどまで加熱して。

たんぱく質を浮かび上がらせて、その固まったものをザルやチーズクロスと呼ばれるもので水分を抜いて。

出来上がったものが、リコッタチーズ。

 

たんぱく質の量を牛乳と比較すると、

【100gあたり】

  • リコッタチーズ 11g 
  • 牛乳   3.4g

リコッタチーズは、牛乳の約3倍以上のたんぱく質が含まれているのですね◎

 

食感は、ちょっと裏ごししたお豆腐のような感じ。

さっぱりとしていながら旨味もあり、いろんなお料理に使えることが特徴のチーズ。

たんぱく質たっぷり!リコッタチーズ。
たんぱく質たっぷり!リコッタチーズ。
たんぱく質たっぷり!リコッタチーズ。

では。

今日は、イタリアのチーズ「リコッタチーズ」を使って。

リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta:パスティッチョ ディ パターテ エ リコッタ」の作り方・レシピをご紹介します♡

リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta」作り方・レシピ。

:材料:

  • じゃがいも  500g
  • リコッタチーズ  125g
  • たまご  1個
  • チーズ(ピザ用など)  100g
  • ベーコン  30g
  • 塩   少々
  • 黒こしょう  少々
  • パン粉  大さじ1
  • パルメザンチーズ  大さじ1〜2※
  • タイム(飾り用) お好みで

※パルメザンチーズがない場合は、バターでも◎

:作り方:

1. じゃがいもを皮が付いたまま、柔らかくなるまで茹でます。

2. じゃがいもの皮をむいて、ボウルに入れます【写真左】

3. ポテトマッシャーなどでマッシュポテトを作ります【写真右】

じゃがいもを茹でて、マッシュポテトを作る。
じゃがいもを茹でて、マッシュポテトを作る。
じゃがいもを茹でて、マッシュポテトを作る。

オーブンを180℃に設定して温め始めます。

4. ③にリコッタチーズ、たまご、塩、黒こしょうを入れて混ぜ合わせます。※

5. チーズ(ピザ用など)ベーコン(角切り)を加えて混ぜませます。※※

※ お塩は、チーズやベーコンから塩気が出てくることを想定して、少し加えます◎

※※今回は、チーズは角切りにして加えました◎

リコッタチーズ、たまご、塩、黒こしょう、チーズ、ベーコンを入れて混ぜ合わせる。
リコッタチーズ、たまご、塩、黒こしょう、チーズ、ベーコンを入れて混ぜ合わせる。
リコッタチーズ、たまご、塩、黒こしょう、チーズ、ベーコンを入れて混ぜ合わせる。
リコッタチーズ、たまご、塩、黒こしょう、チーズ、ベーコンを入れて混ぜ合わせる。

今日使用する耐熱容器はこちら◎

 

6. 耐熱容器にバターを薄く塗って、⑤を入れます。

7. パン粉をかけます。

8. パルメザンチーズをかけます。※

※パルメザンチーズがない場合は、バターでも◎

型にバターを薄く塗って入れ、パン粉、パルメザンチーズをかける。
型にバターを薄く塗って入れ、パン粉、パルメザンチーズをかける。
型にバターを薄く塗って入れ、パン粉、パルメザンチーズをかける。
型にバターを薄く塗って入れ、パン粉、パルメザンチーズをかける。

9. 温めていたオーブン180℃で約40分焼きます。※

※オーブンによって焼き加減が違うので、いい色になるまで焼くことがポイント◎

温めていたオーブン180℃でいい色になるまで焼く。

温めていたオーブン180℃でいい色になるまで焼く。

10. 温かいうちにカットして【写真左】、お皿に盛り付けてできあがり♡【写真右】

※お好みでハーブ(今回はタイムを使用)をのせても◎

リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta」
リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta」
リコッタチーズとじゃがいものオーブン焼き「Pasticcio di patate e ricotta」