こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【天然酵母】パンを焼くために!2日かけて天然酵母を元気にする方法。

【天然酵母】パンを焼くために!2日かけて天然酵母を元気にする方法。

だんだんと秋めいてきたブダペスト。

 

久しぶりに天然酵母を使って、バゲットを焼こうかな〜と。

保管している「天然酵母」を冷蔵庫から取り出し。

いつものように小麦粉、お水を混ぜて、用意をしたのですが。

1日経っても、元気にならず。。

 

これでは、パンは焼けない、、と思い。

再び、小麦粉とお水をあげて、混ぜ。

2日かけて、元気な天然酵母になりました。

 

今日は、天然酵母を2日かけて元気にする様子をご紹介します。

そんな元気になった天然酵母を使って焼いた「バゲット」はこんな感じです◎

【天然酵母】自家製酵母で作るフランスパン「バゲット」

【天然酵母】自家製酵母で作るフランスパン「バゲット」

小麦粉とお水で作る、天然酵母。

昨年の春に作り始めた、天然酵母。

材料は、小麦粉とお水。

ハンガリーでは、おうち時間が増えたことで「天然酵母パン」を焼く人が増えたようですが。

私もその一人。

この天然酵母を使って、パン作りをしています◎

 

小麦粉とお水で作る!天然酵母の作り方。

は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

天然酵母を作り始めてから、約1年半ほど経ちました。

今も、冷蔵庫の中で大事に保管しています◎

天然酵母は、本当に生き物だな〜と感じるもので。

 

ちゃんとお世話をすると元気なのですが。

お世話をしないと元気がなくなったり、、と。

 

毎日、スプーンでぐるぐるっと混ぜてあげて。

週に1回ごはん(小麦粉とお水)をあげて。

月に1回きれいな瓶に入れ替えるようにしています。

 

保管する大事なポイントは、

 

保管方法の大事なポイント。

  • 冷蔵庫で保管する。
  • 1日に1回、きれいなスプーンで空気を含ませるように混ぜる。
  • 週に1回、小麦粉10g、お水10gを加えて、混ぜる。(上澄み液が出てきた場合は小麦粉の量を増やすと◎)
  • 月に1回、熱湯消毒した別の瓶に入れ替える。(熱湯消毒後、冷めた瓶が◎)
  • 空気が入るように完全にフタを閉じない。※

※私は瓶の上にふわっとラップをかけ、フタを閉めずにのせて冷蔵庫で保管しています。

 

月に一回の恒例行事。

熱湯消毒して冷めた瓶に、天然酵母を入れます。

熱湯消毒して冷めた瓶に、天然酵母を入れる。
熱湯消毒して冷めた瓶に、天然酵母を入れる。
熱湯消毒して冷めた瓶に、天然酵母を入れる。

ふわっとラップをした上にフタをかぶせて、冷蔵庫に入れて保管します。

ふわっとラップをした上にフタをかぶせて、冷蔵庫で保管。
ふわっとラップをした上にフタをかぶせて、冷蔵庫で保管。
ふわっとラップをした上にフタをかぶせて、冷蔵庫で保管。

 

以前の記事、天然酵母の保管方法。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

 

暑い夏日には、なかなかパンを焼く気になれませんでしたが。

少しづつと涼しくなってきたので。

冷蔵庫から取り出して、天然酵母で作る「バゲット」

 

早速、30gの天然酵母を取り出し、強力粉90g、お水90gを混ぜます。

このままふわっとラップをして、室温で置いておきました。

天然酵母30g、強力粉90g、お水90gを混ぜる。

天然酵母30g、強力粉90g、お水90gを混ぜる。

次の日。

ちょっと所用があり出かけて帰ってくると、、

天然酵母の様子が、元気がありません。。※

※天然酵母を作り始めた時にも現れた現象なのですが。

小さい泡がぷくぷくと出てきているのは、おなかがすいている状態(小麦粉、お水ga

必要)とか。

約16時間経過の天然酵母。
約16時間経過の天然酵母。
約16時間経過の天然酵母。

これでは、パンが焼けない!と思い。。

さらに、薄力粉60g、お水60gを足して混ぜます。

薄力粉、お水を足して混ぜる。
薄力粉、お水を足して混ぜる。
薄力粉、お水を足して混ぜる。

混ぜたものは、こんな感じです。

天然酵母を混ぜたもの。
天然酵母を混ぜたもの。
天然酵母を混ぜたもの。

 

約12時間後。

天然酵母がようやく膨らんできました◎

こうなると、パン作りができる状態。

パン作りができる天然酵母の状態。
パン作りができる天然酵母の状態。
パン作りができる天然酵母の状態。

ボウルに開けてみると、こんな感じでボコボコしています◎

元気な天然酵母。

今日は、久しぶりに保管している天然酵母を冷蔵庫から取り出し。

2日かけて天然酵母を元気にしましたが。

天然酵母も生きているので、、常に様子を見ながら、パン作り◎

 

明日は、元気になってくれた自家製天然酵母を使って。

薄力粉50%と強力粉50%と混ぜて作る、フランスパン「バゲット」の作り方・レシピ。をご紹介します♡