こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【アレンジレシピ】フレッシュバジルと納豆と揚げ浸しの冷製パスタ。作り方・レシピ。

納豆と揚げ浸しを使って!アレンジレシピ。簡単「冷製パスタ」

昨日ご紹介しました、自家製「手作り納豆」

海外にいながら、食べたい時に納豆が食べられるのはと〜っても嬉しくて◎

 

海外でも毎日食べられる!「手作り納豆」簡単レシピ・作り方。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

そんな「納豆」と以前ご紹介しました「揚げ浸し」を合わせて。

簡単に作る!「冷製パスタ」を今日はご紹介します◎

 

以前の記事、ズッキーニとナスとパプリカの揚げ浸し。作り方・レシピ。は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

【アレンジレシピ】納豆と揚げ浸しの冷製パスタ。

【アレンジレシピ】納豆と揚げ浸しの冷製パスタ。

シソの代わりに「バジル」!?

納豆を使って和風の冷製パスタにしたいな〜と思った時。

「シソ」があったらいいのにな〜と、、頭をよぎり。

 

ヨーロッパ、ハンガリーにシソはないので。

何か代わりになるものはないかな〜と調べていたら。

 

なんと!

バジルは、「シソ科」ということが判明!

今が旬のフレッシュなバジル。

 

ハンガリー語でバジルは「bazsalikom:バジャリコム」

バジルは、市場でもマーケットでもスーパーでも手にはいるので。

これは、「シソ」の代わりに「バジル」を使って和風冷製パスタにしてみよう!と作ってみました◎ 

シソの代わりに「バジル」

シソの代わりに「バジル」bazsalikom:バジャリコム

バジルとお醤油の相性は?

バジルと言えば。

トマトとモッツァレッラチーズとオリーブオイルを合わせて、イタリアン!ですが。

 

お醤油とバジルの相性も意外といいことに気がつきました◎

もちろんお味はバジルですが。

バジルの香りとお醤油、なかなか面白い組み合わせだな、と。

シソ科というだけあって、全く合わない食材ではない、という新しい発見!

これは、ヨーロッパで「シソ」の代用食材としてはいいかも◎

 

シソの代わりに「バジル」を使うことを決めて。

冷蔵庫によ〜く冷えて残っていた「ズッキーニとナスとパプリカの揚げ浸し」

そして、自家製「納豆」

 

パスタを茹でて、洗って冷たくしたら。

あとは、混ぜるだけ◎

 

納豆と長ネギ、バジルを揚げ浸しのタレとパスタを合わせて。

揚げ浸しのタレも活用!

暑い日にぴったり!簡単に冷製パスタにします◎

ズッキーニとナスとパプリカの揚げ浸し。

冷蔵庫に残った「ズッキーニとナスとパプリカの揚げ浸し」

では。

【アレンジレシピ】納豆とバジルと揚げ浸しの冷製パスタ。作り方・レシピをご紹介します♡

 

【アレンジレシピ】納豆とバジルと揚げ浸しの冷製パスタ。作り方・レシピ。

:材料:

分量は全てお好みで◎

:作り方:

1. パスタを茹ではじめます。※

※冷水で洗うとキュッと締まるので、茹で時間は約1分ほど長めに茹でると◎

2. 長ネギ(みじん切り)、納豆をひきわり納豆になるようにザクザクとカットします。※

※ひきわり納豆にすることでパスタに絡みやすくなるので◎

 

3. ボウルに②のひきわり納豆、長ネギを入れます【写真左】

4. 揚げ浸しのタレを入れて混ぜます【写真右】

ひきわり納豆と長ネギを揚げ浸しのタレと混ぜる。
ひきわり納豆と長ネギを揚げ浸しのタレと混ぜる。
ひきわり納豆と長ネギを揚げ浸しのタレと混ぜる。

5. 茹であがったパスタを冷水で洗って冷まします。

6. よく水を切ったパスタをボウルに入れます。

7. ④とお好みで揚げ浸しのタレ、醤油、納豆のタレなどを入れて混ぜます。

冷たいパスタに納豆と揚げ浸しのタレを混ぜる。
冷たいパスタに納豆と揚げ浸しのタレを混ぜる。
冷たいパスタに納豆と揚げ浸しのタレを混ぜる。

8. 黒こしょうを加えて混ぜます。

黒こしょうを加えて混ぜる。

黒こしょうを加えて混ぜる。

9. フレッシュバジルの葉を刻んで混ぜます。

フレッシュバジルを刻んで加える。
フレッシュバジルを刻んで加える。
フレッシュバジルを刻んで加える。

10. お味見をして、お味を整えます。

お味を整える。

お味を整える。

11. お皿にパスタを盛り付けて、揚げ浸し、フレッシュバジルを添えてできあがり♡

【アレンジレシピ】納豆とバジルと揚げ浸しの冷製パスタ。

【アレンジレシピ】納豆とバジルと揚げ浸しの冷製パスタ。