こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

イタリア人の友人直伝!「いちごと青りんごのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニア。作り方・レシピ。

イタリア人の友人直伝!「いちごと青りんごのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニア。

イタリアのフルーツサラダ「Macedonia:マチェドニア」

食後のデザートに、朝ごはんになどに季節の果物をたっぷりと食べられる一品◎

 

以前にメロンをくりぬいて器にして作る「メロンといちごのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニアをご紹介しましたが。

 

今日は、イタリア人の友人が教えてくれた「Macedonia:マチェドニア」を美味しく作るポイントをご紹介します♡

 

メロンをくりぬいて器に!「メロンといちごのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニア。作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

イタリア人の友人直伝!「いちごと青リンゴのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニア。

イタリア人の友人直伝!「いちごと青りんごのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニア。

「Macedonia:マチェドニア」を美味しく作るポイント!

イタリアでは、前菜、メインのprimo piatto:プリモピアット、secondo piatto:セコンドピアット、そしてデザートのdolce:ドルチェ、がイタリア料理の基本的な流れですが。

 

たくさん食べた後にでもさっぱりと食べられるデザートとして、このフルーツサラダ「Macedonia:マチェドニア」はぴったり◎

 

イタリア人の友人は、夏の暑い時は冷蔵庫に必ず作って置いておくようで。

そのフルーツサラダ「Macedonia:マチェドニア」を美味しく作るポイントを教えてくれました◎

「Macedonia:マチェドニア」を美味しく作るポイント

 

  • 季節のフルーツを選ぶこと
  • フルーツの熟れ方が同じくらいになること※
  • 甘味と酸味のバランス(いろんなフルーツの味をmixする)
  • 色合い(見た目がきれいに仕上がるように)
  • 大体同じサイズにカットすること
  • レモンを加えること(果物の変色を防ぐ)
  • ミントを加えて冷蔵庫で冷やすこと(ミントがいい風味を出す◎)

 

※フルーツの熟れ方は、例えば「いちご」など傷みやすい果物はすぐに使用する方がいいですが、「バナナ」など熟れていないものはいちごを買う数日前に購入して、置いておくといいよ〜と◎

 

教えてもらったポイントをもとに!

今日は、もうすぐ季節が終わってしまう「いちご」とブルーベリー、バナナ、青りんご、レモン、はちみつ、ミントを使って作ります◎

ハンガリーの青リンゴ。

ハンガリーの青リンゴ。

イタリア人の友人直伝!「いちごと青りんごのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニア。作り方・レシピをご紹介します♡

イタリア人の友人直伝!「いちごと青リンゴのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニア。作り方・レシピ。

:材料:

  • いちご   200g
  • 青りんご   1個  
  • ブルーベリー  100g
  • バナナ   1本
  • レモン果汁  大さじ1
  • はちみつ(または砂糖) 大さじ1
  • ミント  適量

※フルーツの量、甘さはお好みで◎

:作り方:

1. いちご、青りんご、バナナを大体同じくらいの大きさにカットします。

2. ボウルに①とブルーベリーを入れます。

ボウルにいちご、青リンゴ、バナナ、ブルーベリーを入れる。
ボウルにいちご、青リンゴ、バナナ、ブルーベリーを入れる。
ボウルにいちご、青リンゴ、バナナ、ブルーベリーを入れる。

3. レモン果汁を入れてさっと混ぜます。

4. はちみつ(または砂糖)を入れて混ぜます。

レモン果汁、はちみつ(または砂糖)を入れて優しく混ぜる。
レモン果汁、はちみつ(または砂糖)を入れて優しく混ぜる。
レモン果汁、はちみつ(または砂糖)を入れて優しく混ぜる。

5. 保存容器にミントの葉と一緒に④を入れて、冷蔵庫で休ませます。(約1時間)

保存容器にミントの葉と一緒に入れて、冷蔵庫で休ませる。

保存容器にミントの葉と一緒に入れて、冷蔵庫で休ませる。

6. お皿に盛り付けて、できあがり♡

(お好みでアイスクリームやヨーグルトを合わせても◎)

イタリア人の友人直伝!「いちごと青リンゴのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニア。

イタリア人の友人直伝!「いちごと青りんごのフルーツサラダ」Macedonia:マチェドニア。