こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【天然酵母パン】2日で焼き上げる「小麦胚芽と全粒粉の天然酵母パン」作り方・レシピ。

【天然酵母パン】2日で焼き上げる「小麦胚芽と全粒粉の天然酵母パン」

天然酵母パンを焼く時、3日かけてパンを焼き上げますが。

今回は、2日で天然酵母パンを焼いてみました◎

 

いつもは、天然酵母を元気にして、パン生地を作って、一晩冷蔵庫で休ませて、次の日に焼き上げる、といった感じですが。

:3日間で天然酵母パンを作る流れ:

  • 1日目: 自家製天然酵母を元気にする日。
  • 2日目: パン生地作り。
  • 3日目: パンの成形、焼き上げる。

 

今日は、3日ではなく2日で作る天然酵母パン。

天然酵母を早朝に冷蔵庫から取り出し、

夕方から元気になった天然酵母を使ってパン生地を作り、一晩冷蔵庫へ。

そして、次の日に焼く。と、2日で焼いてみました◎

 :2日間で天然酵母パンを作る流れ:

  • 1日目:  (早朝に準備)自家製天然酵母を元気にする。
  • (夕方から)パン生地づくり。
  • 2日目:  パンの成形、焼き上げる。

 

結果からお話すると。

全く問題なく!焼きあがりました◎

今回は、強力粉、全粒粉、小麦胚芽を混ぜて。

2日で焼き上げる「小麦胚芽と全粒粉の天然酵母パン」

2日で焼き上げる「小麦胚芽の天然酵母パン」

2日で焼き上げる「小麦胚芽の天然酵母パン」

天然酵母の用意。

天然酵母パンの1番大事な、天然酵母。

パン生地を作ろう!と思っていたのに、、冷蔵庫から前の日に出し忘れ。。

 

もしかしたら今日はパン生地は作れないかな〜なんて思いながら、早朝に冷蔵庫から保管している天然酵母を取り出し。

元気になるか、試してみました◎

 

きれいな瓶に冷蔵庫から取り出した天然酵母30gとお水70gを入れて、混ぜます。

そこに、強力粉70gを加えて、混ぜます。

きれいな瓶に冷蔵庫から取り出した天然酵母30g、お水70g、強力粉70gを混ぜる。
きれいな瓶に冷蔵庫から取り出した天然酵母30g、お水70g、強力粉70gを混ぜる。
きれいな瓶に冷蔵庫から取り出した天然酵母30g、お水70g、強力粉70gを混ぜる。

混ぜたものは、こんな感じです。

これをラップなどをかけて室温に置いておきます。

ラップなどをふわっとかけて室温に置いておく。
ラップなどをふわっとかけて室温に置いておく。
ラップなどをふわっとかけて室温に置いておく。

約12時間後。

混ぜた時よりも、いい感じに約2倍に膨らんでいます◎

約12時間後。  倍くらい膨らんでいい感じの天然酵母。
約12時間後。  倍くらい膨らんでいい感じの天然酵母。
約12時間後。 約2倍に膨らんでいい感じの天然酵母。

これくらいになっていれば、パン生地はできる!ので。

パン生地作りを始めます◎

 

では、【天然酵母パン】2日で焼き上げる「小麦胚芽と全粒粉の天然酵母パン」作り方・レシピをご紹介します♡

【天然酵母パン】2日で焼き上げる「小麦胚芽と全粒粉の天然酵母パン」作り方・レシピ。

:材料:

天然酵母の用意。
  • 天然酵母(今回は強力粉とお水の天然酵母を使用◎) 30g
  • 強力粉  80g
  • お水   70g
 パン生地
  • 強力粉   400g
  • 全粒粉         200g
  • 小麦胚芽   30g
  • 水     480g
  • 天然酵母(早朝から用意したもの) 180g
  • 塩      10g
  • オリーブオイル 適量

:作り方:

ホームベーカリー(以下HB)のパン生地コースの捏ねる機能を使いましたが、手で捏ねても◎

1. HBのパンケースに水、強力粉、全粒粉、小麦胚芽を入れて、パン生地作りのコースで捏ねる機能(約15分)を使ってよく混ぜます。

2. フタを開けずにそのまま約30分置いておきます。

3.  朝から用意していた天然酵母を加えて、再びパン生地作りのコースでこねる機能(約15分)だけを使ってよく混ぜ合わせます。

HBでお水、強力粉、全粒粉、小麦胚芽を混ぜて約30分置き、天然酵母を加えてさらに捏ねる。
HBでお水、強力粉、全粒粉、小麦胚芽を混ぜて約30分置き、天然酵母を加えてさらに捏ねる。
HBでお水、強力粉、全粒粉、小麦胚芽を混ぜて約30分置き、天然酵母を加えてさらに捏ねる。

4. お塩を加えて、再びパン生地作りのコースでこねる機能(約15分)だけを使ってよく混ぜ合わせます。

お塩を入れて、捏ねる。
お塩を入れて、捏ねる。
お塩を入れて、捏ねる。

5. ボウルにオリーブオイルを少し入れて、パン生地を入れます。

6. 乾かないようにフタやラップをして30分室温に置いておきます。

ボウルにオリーブオイルを少し入れて、パン生地を入れる。

ボウルにオリーブオイルを少し入れて、パン生地を入れる。

30分後。

7. パン生地を折りたたんでいきます。※

※この時、手を水で濡らしながらするとパン生地がくっつきにくく作業がしやすくなります◎

8. 乾燥しないようにフタやラップをしながら放置して、折りたたむ工程を約30分おきに3回行います。

濡れた手でパン生地を折りたたむ。
濡れた手でパン生地を折りたたむ。
濡れた手でパン生地を折りたたむ。

詳しい折りたたむ工程は、

【天然酵母パン】基本の天然酵母パンの作り方。パン生地を作る。こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

30分x3回の折りたたむ工程が終わって発酵が進んでいるパン生地は、こちら♡

30分x3回の折りたたむ工程が終わって発酵が進んでいるパン生地。

30分x3回の折りたたむ工程が終わって発酵が進んでいるパン生地。

9. 発酵が進んでいるパン生地を一晩(約10〜12時間)冷蔵庫で寝かせます【写真左】

※2つのパンを焼く予定なので、2つの容器に分けて入れました◎ 

10. 約12時間後、冷蔵庫から取り出します【写真右】

発酵が進んでいるパン生地を一晩(約10〜12時間)冷蔵庫で寝かせる。
一晩(約12時間)冷蔵庫で寝かせたパン生地。
発酵が進んでいるパン生地を一晩(約10〜12時間)冷蔵庫で寝かせる。

冷蔵庫からパン生地を取り出しましたが。

まだ発酵が足りないかな〜と思い、フタをしたまま室温に2時間ほど置いておきました。

フタをしたまま室温に2時間ほど置いておいたパン生地。

フタをしたまま室温に2時間ほど置いておいたパン生地。

11. パンの成形をします。

詳しいパンの成形の方法は、以前の記事、【天然酵母パン】基本の天然酵母パンの作り方。パンを焼く。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

12. フタ付きの耐熱容器に薄くバターを塗って、成形したパン生地を入れます【写真左】

13. パンの切り込み(クープ)を入れます【写真右】

フタ付きの耐熱容器に薄くバターを塗って、成形したパン生地を入れて、パンの切り込み(クープ)を入れる。
フタ付きの耐熱容器に薄くバターを塗って、成形したパン生地を入れて、パンの切り込み(クープ)を入れる。
フタ付きの耐熱容器に薄くバターを塗って、成形したパン生地を入れて、パンの切り込み(クープ)を入れる。
パンの焼き方。

1. パンの切り込み(クープ)を入れたら、すぐに耐熱容器のフタをして、温めていた250℃のオーブンに入れて約20〜25分焼きます。(軽く焼き目がつく程度まで焼く)

※ フタ付きの耐熱容器がない場合は、別の耐熱容器などにお水を入れてオーブンに入れると◎水蒸気が美味しいパンを焼くポイント◎

2. オーブンの温度を220℃に下げて、さらに約20〜25分焼きます。

3. いい色に焼けてきたらフタを取ってさらに約5〜10分焼きます。※外側をカリッと焼き上げます◎

 

※ オーブンによって焼き加減が違うので、焦げないように注意しながら焼くと◎

【天然酵母パン】2日で焼き上げる「小麦胚芽と全粒粉の天然酵母パン」焼きあがり。

【天然酵母パン】2日で焼き上げる「小麦胚芽と全粒粉の天然酵母パン」焼きあがり。

粗熱を取って、できあがり♡

【天然酵母パン】2日で焼き上げる「小麦胚芽と全粒粉の天然酵母パン」

【天然酵母パン】2日で焼き上げる「小麦胚芽と全粒粉の天然酵母パン」