こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【天然酵母】元気のない天然酵母でパンは焼ける?「ひまわりの種の天然酵母パン」作り方・レシピ。

【天然酵母】元気のない天然酵母でパンは焼ける?「ひまわりの種のパン」を焼いてみる。

いつも通りパン生地を作る前日に、天然酵母、強力粉、お水を混ぜて。

一晩室温に置いて、天然酵母を元気にする(起こす)工程をしたのですが。。

 

朝になると。

大体2倍くらいに膨らんで元気になるはずの天然酵母が、ほとんど変化なし。。

どうしよう〜と思いながら、やってみよう!と天然酵母パン作りを決行!

 

パンが膨らまないことを想定して。。

ドイツパンをイメージして、「ひまわりの種」を入れて焼いてみました◎

【天然酵母】元気のない天然酵母でパンは焼ける?「ひまわりの種の天然酵母パン」

【天然酵母】元気のない天然酵母でパンは焼ける?「ひまわりの種の天然酵母パン」

結果からお話すると。

元気のない天然酵母を使って、パンは焼けました◎

ただ、やはりパンの中の気泡は少なめ。

ふわふわではなく、少しずっしりしたドイツパン風。

 

でも。

ひまわりの種のプチプチ感と天然酵母の酸味は相性抜群!

ひまわりの種をたっぷり入れたので、食べ応え十分の天然酵母パン◎

ひまわりの種。

ひまわりの種。

天然酵母の様子。

さて。

いつも通りパン生地作りの前日に、天然酵母、強力粉、お水を入れて、混ぜて。

室温に置いておきました。

天然酵母、強力粉、お水を混ぜる。(パン生地を作る前日)
天然酵母、強力粉、お水を混ぜる。(パン生地を作る前日)
天然酵母、強力粉、お水を混ぜる。(パン生地を作る前日)

次の日の朝。

すこ〜し膨らんで、ぽこぽこ気泡も出てはいますが。

ほとんど変化なし。。

原因は、気温?水温?? 

いつもと同じ手順で用意したので、、本当に謎。。

次の日の天然酵母の様子。
次の日の天然酵母の様子。
次の日の天然酵母の様子。

この天然酵母を使って、検証!

元気のない天然酵母でパンは焼ける??

今日は、パンがカリッと焼ける秘訣の「水蒸気」を出すために。

耐熱容器にお水を入れて、オーブンを温めて、パンと一緒に焼いてみました◎

 

では、「ひまわりの種の天然酵母パン」の作り方・レシピをご紹介します♡

「ひまわりの種の天然酵母パン」作り方・レシピ。

:材料:

天然酵母の準備(パン生地を作る前日)
  • 天然酵母(冷蔵庫で保管しているもの) 30g
  • 強力粉  100g
  • 水    100g
パン生地
  • 天然酵母(前日から用意したもの)   230g
  • 強力粉     250g
  • 全粒粉     250g
  • 小麦胚芽      30g
  • 水       350g
  • 塩        10g
  • ひまわりの種  100g
  • オリーブオイル 適量

:作り方:

1. ボウルに天然酵母、お水を入れて混ぜます。

ボウルに天然酵母、お水を入れて混ぜる。
ボウルに天然酵母、お水を入れて混ぜる。
ボウルに天然酵母、お水を入れて混ぜる。

2. 強力粉、全粒粉、小麦胚芽を入れてゴムベラなどで混ぜます。

3. ②に乾かないようにラップやフタなどをして2時間室温に置いておきます。

強力粉、全粒粉、小麦胚芽を入れて混ぜる。
強力粉、全粒粉、小麦胚芽を入れて混ぜる。
強力粉、全粒粉、小麦胚芽を入れて混ぜる。

4. ひまわりの種、塩を加えて手で捏ねます。(約5分)※

※生地は固めなので捏ねやすいです◎

5. ラップやフタなどをして、1時間室温に置いておきます。

ひまわりの種、塩を加えて手で捏ねる。
ひまわりの種、塩を加えて手で捏ねる。
ひまわりの種、塩を加えて手で捏ねる。

6. パン生地を持ち上げて、ボウルの底に少しオリーブオイルを入れます。

7. パン生地を40分x4回折りたたむ工程をします。

詳しい折りたたむ工程は以前の記事、【天然酵母パン】基本の天然酵母パンの作り方、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

折りたたむ40分x4回の工程が終わったパン生地【写真右】

折りたたむ工程の前のパン生地と、終わった後のパン生地。
折りたたむ工程の前のパン生地と、終わった後のパン生地。
折りたたむ工程の前のパン生地と、終わった後のパン生地。

8. 保存容器にパン生地を入れて、冷蔵庫で一晩寝かせます。(約10〜12時間)※

※今回は、元気のない天然酵母を使ってのパン生地作りだったので。

16時間冷蔵庫で寝かせました◎

保存容器にパン生地を入れて、冷蔵庫で一晩寝かせる。
保存容器にパン生地を入れて、冷蔵庫で一晩寝かせる。
保存容器にパン生地を入れて、冷蔵庫で一晩寝かせる。

9. 冷蔵庫から取り出したパン生地を少し室温にならします。(約30分〜1時間)

10. 台の上に打ち粉をして、パン生地を取り出します。

オーブンを250℃に温め始めます。

※この時、水蒸気が出るように耐熱容器にお水を入れてオーブンに入れました◎

11. パンの形作りをします。※

※パンの形を整える方法は以前の記事、【天然酵母パン】基本の天然酵母パンの作り方。パンを焼く。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

12. 天板にオーブンペーパーを敷き、パン生地をのせます。

13. パンの切り込み(クープ)を入れます。

天板にパン生地をのせて、パンの切り込み(クープ)を入れる。
天板にパン生地をのせて、パンの切り込み(クープ)を入れる。

14. オーブンに入れていたお水(耐熱容器に入れたもの)取り出して、天板の上にのせます。

15. 温めていた250℃のオーブンに入れます。

16. 約10分焼いた後、220℃に下げて約20〜30分焼きます。

耐熱容器にお水を入れて一緒に焼いた天然酵母パン。
耐熱容器にお水を入れて一緒に焼いた天然酵母パン。
耐熱容器にお水を入れて一緒に焼いた天然酵母パン。

17. 粗熱が取れるのを待って、できあがり♡

【天然酵母】元気のない天然酵母でパンは焼ける?「ひまわりの種の天然酵母パン」

【天然酵母】元気のない天然酵母でパンは焼ける?「ひまわりの種の天然酵母パン」