こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」作り方・レシピ。

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」

先日、憧れのフランスパン「バゲット」を焼くことができて嬉しかったので。

さらに美味しく焼けるようにはどうしたらいいかな〜と、

今日は、黒オリーブをパン生地に混ぜた「バゲット」を作ってみました◎

 

さらに。

前回は、強力粉だけでバゲットを焼きましたが、

今回は、本来のフランスパンを焼く際に使う「中力粉」のように薄力粉を混ぜて、お水を少し増やして挑戦◎

 

以前の記事、【天然酵母】自家製天然酵母で作るフランスパン「バゲット」生地の作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

「黒オリーブのバゲット」の焼き上がりは、外はカリッとしていて◎

黒オリーブの塩気が、ワインのおつまみにもぴったりです。

パンの中は、薄力粉を入れたおかげで前回よりも少しふわっとしましたが。

 

 

クープ(パンの切り込み)が思うように開きませんでした。。

パンが開いてくれることにより、よく膨らんで外はカリッとパリッと!するので。

これは、次回の課題かな、と。

 

クープは、すーっと躊躇することなく切り込みを入れることがポイントですが。

フランスパンに切り込みを入れることにまだ慣れていなく。

一度ですーっと入らず、何度かナイフを入れてしまいました。。

 

以前の記事、パンの切り込み「クープ」 の入れ方。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」作り方・レシピ。をご紹介します♡

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」作り方・レシピ。

:材料:

天然酵母の準備
  • 天然酵母(冷蔵庫に保管してある小麦天然酵母) 30g
  • 水    100g
  • 強力粉  100g
バゲット生地
  • 強力粉   400g

  • 薄力粉   100g
  • 前日から用意してある天然酵母(天然酵母30g、水100g、強力粉100g) 230g

  • 水    350g

  • 塩      10g

  • オリーブ 約15粒(バゲット1本分)

:作り方:

パン生地を作る前日。

天然酵母を起こして、元気になるように準備します。

1. 冷蔵庫で保管している天然酵母30g、水100g、強力粉100gをきれいな瓶に入れて混ぜます。

2. 乾かないようにラップなどでフタをして、一晩室温に置いておきます。

天然酵母、水、強力粉を混ぜたもの【写真左】

一晩置いて、2倍ほどに膨らんで元気になった天然酵母【写真右】

天然酵母、水、強力粉を混ぜたもの【写真左】
一晩置いて、元気になった天然酵母【写真右】
天然酵母、水、強力粉を混ぜたもの【写真左】 一晩置いて、元気になった天然酵母【写真右】

以前の記事、【天然酵母】自家製の天然酵母がパン生地に使えるかな?と疑問に思った時の、確認する方法。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

パン生地を作る。

1. ボウルにお水、前日から準備している天然酵母を入れて混ぜます。

2. 強力粉、薄力粉を入れて、ゴムベラなどで混ぜます。

ボウルにお水、天然酵母を入れて混ぜ、さらに強力粉、薄力粉を加えて混ぜる。
ボウルにお水、天然酵母を入れて混ぜ、さらに強力粉、薄力粉を加えて混ぜる。
ボウルにお水、天然酵母を入れて混ぜ、さらに強力粉、薄力粉を加えて混ぜる。

3. 生地が混ざったら、ラップなどでフタをして室温に2時間置いておきます。

生地が混ざったら、ラップなどでフタをして室温に2時間置いておく。

生地が混ざったら、ラップなどでフタをして室温に2時間置いておく。

2時間後。
4. 塩を入れて、混ぜます。

塩を入れて、混ぜる。
塩を入れて、混ぜる。
塩を入れて、混ぜる。

5. 折りたたむ工程を30分×4回行っていきます。

約30分後の生地はこちら♡

折りたたむ前の生地【写真左】折りたたんだ後の生地【写真右】

折りたたむ工程、1回目。(30分後)
折りたたむ工程、1回目。(30分後)
折りたたむ工程、1回目。(30分後)

折りたたむ工程の詳しい手順などは、

以前の記事、【天然酵母パン】基本の天然酵母パンの作り方。パン生地を作る。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

30分×4回(約2時間)の工程が終わって、発酵が進んでいるパン生地はこちら♡

30分×4回(約2時間)の工程が終わって、発酵しているパン生地。

30分×4回(約2時間)の工程が終わって、発酵しているパン生地。

6. 保存容器にオリーブオイルを少し入れ、パン生地を焼きたい大きさ、個数に分けて入れ、冷蔵庫で一晩休ませます【写真左】

※ 一晩(約12時間)休ませたパン生地はこちら【写真右】

保存容器にオリーブオイルを少し入れ、パン生地を一晩冷蔵庫で休ませる。
保存容器にオリーブオイルを少し入れ、パン生地を一晩冷蔵庫で休ませる。
保存容器にオリーブオイルを少し入れ、パン生地を一晩冷蔵庫で休ませる。

パン生地を3つに分けて、そのうちの2つはプレーン◎

1つに黒オリーブを入れていきます。

フランスパンの焼く方法は、スチーム、水蒸気がポイント◎

詳しい焼き方、プレーンの「バゲット」の作り方は、【天然酵母】自家製天然酵母で作るフランスパン「バゲット」形の作り方・焼き方。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

パンの成形をする。

1. 台の上に打ち粉をして、パン生地を取り出します【写真左】

2. 黒オリーブをスライスします【写真右】

台の上にパン生地を取り出し、
台の上にパン生地を取り出し、 黒オリーブをスライスする。
台の上にパン生地を取り出し、 黒オリーブをスライスする。

3. パン生地の上に②の黒オリーブをのせます【写真左】

4. オリーブを包むように三つ折りにします【写真右】

パン生地の上に黒オリーブをのせ、包むように三つ折りにする。
パン生地の上に黒オリーブをのせ、包むように三つ折りにする。
パン生地の上に黒オリーブをのせ、包むように三つ折りにする。

5. パン生地の両端をクロスさせるように真ん中に生地を折り込みます【写真左】

6. 細長い形になるように、生地をしっかりと止めます【写真右】

パン生地の両端をクロスさせるように真ん中に生地を折り込み、 細長い形にする。
パン生地の両端をクロスさせるように真ん中に生地を折り込み、 細長い形にする。
パン生地の両端をクロスさせるように真ん中に生地を折り込み、 細長い形にする。

詳しいパンの成形、焼き方については、基本の天然酵母パンの作り方の中に記載してあります◎

【天然酵母パン】基本の天然酵母パンの作り方。パンを焼く。 こちらからどうぞ♡

フランスパンの形をやさしく転がしながら、お好みのバゲットの形にしていきます。

7. 天板にオーブンペーパーを敷き、形を整えたパン生地をのせます。

8. クープ(パンの切り込み)を入れます。

天板にオーブンペーパーを敷き、形を整えたパン生地をのせ、クープを入れる。
天板にオーブンペーパーを敷き、形を整えたパン生地をのせ、クープを入れる。
天板にオーブンペーパーを敷き、形を整えたパン生地をのせ、クープを入れる。

9. あらかじめ温めていたオーブン250℃に入れて、焼いていきます。

※オーブンによって焼き上がりは違いますが、今回は、約30分焼きました◎

焼き上がり(約30分後)

焼き上がり。(約30分後)

粗熱を取って、焼きあがった「黒オリーブのバゲット」はこちら♡

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「黒オリーブのバゲット」

プレーンの「バゲット」はこんな感じに焼けました◎

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「バゲット」薄力粉を加えたもの。

【天然酵母】自家製天然酵母で作る「バゲット」薄力粉を加えたもの。

今回は、黒オリーブを加えて、強力粉と薄力粉を混ぜてバゲットを焼いてみました◎

薄力粉を混ぜることによってパンの食感は柔らかくなったように感じます。

 

まだまだ改善点はありますが。

天然酵母で作る「バゲット」は独特の酸味と香りがとっても◎

小麦粉とお水だけで作れる天然酵母、大活躍です◎