こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

フライパンで作る!「鴨肉のオレンジソース添え」作り方・レシピ。

フライパンで作る!「鴨肉のオレンジソース添え」

鴨の胸肉をフライパンでゆっくりソテーして、

アルミホイルで包んで余熱で火を通している間に、オレンジソースを作る「鴨肉のオレンジソース添え」

 

ハンガリーは、鴨肉が有名なのですが。

実は、鴨の胸肉は日本へ輸出しているものが多いそうで、ここハンガリーではなかなかお目にかかりません。

先日、市場に買い出しに行った際。

珍しく鴨の胸肉を発見!

嬉しくなって購入してきました◎

 

今日は、鴨を焼いている間に出てくる鴨の脂を使ってフライパンでソテー。

焼きすぎないように、きれいなロゼ色に焼きあがるように作っていきます。

付け合わせに、ルッコラと人参のサラダを添えて◎

フライパンで作る!「鴨肉のオレンジソース添え」

フライパンで作る!「鴨肉のオレンジソース添え」

鴨の脂。

鴨の脂とさっぱりのオレンジを合わせて、さらにバターも加えてちょっと濃厚なソース。

鴨肉は、焼いている間に出てくる鴨の脂でじっくり焼いていくのですが。

 

その鴨の脂(ラード)は、ハンガリー人の大好物!

スーパーや、市場などで鴨の脂を購入することができます。

そのラードをパンにバターのように塗って、紫玉ねぎやパプリカをのせて食べる。

これが、ハンガリーの典型的なラードの食べ方。

ハンガリー語で鴨の脂は、libazsír:リバジール。

liba:リバ = 鴨。

zsír:ジール = 脂(ラード)。

 

私も、今日は鴨を焼いている間に出てきた脂(ラード)を保存容器に入れて。

ハンガリー料理に使用するために冷蔵保存します◎

 

鴨が焼きあがった後に出てきた脂(ラード)【写真左】

冷蔵保存して固まった鴨の脂【写真右】

鴨を焼いている間に出てきた脂(ラード)を保存する。
鴨を焼いている間に出てきた脂(ラード)を保存する。
鴨を焼いている間に出てきた脂(ラード)を保存する。

 

しっかり鴨の脂を保存容器に入れて。

フライパンにオレンジソースの材料、オレンジ、鴨の肉汁、お醤油、はちみつ、ワインビネガーなどを入れて煮詰めて、最後にバターを加えて出来上がり◎

鴨の旨味とオレンジの爽やかさ、バターが合わさってまろやかになるくせになるソース◎

 

では、フライパンで作る!「鴨肉のオレンジソース添え」作り方・レシピ。をご紹介します♡

オレンジ。

オレンジ。

フライパンで作る!「鴨肉のオレンジソース添え」作り方・レシピ。

:材料:

  • 鴨胸肉  2枚
  • オレンジ 2個
  • バター  大さじ1
  • 醤油    小さじ1.5
  • ワインビネガー 大さじ1
  • はちみつ  小さじ1
  • 塩    お好みで
  • こしょう お好みで
ルッコラと人参のサラダ
  • ルッコラ    約50g
  • 人参         2/1本
  • 塩、こしょう   お好みで
  • ワインビネガー  大さじ1
  • オリーブオイル  お好みで
  • バルサミコ酢   お好みで

※バルサミコ酢は以前、ご紹介しましたちょっとトロッとしたものを使用しました◎

以前の記事は、【アレンジレシピ】「鶏むね肉の塩唐揚げ」を使ってベビーほうれん草とトマトのサラダ。作り方・レシピ。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

:作り方:

鴨肉を冷蔵庫から取り出します。

調理する約2〜3時間前に出して常温において置くと◎

鴨肉を常温に置いておく。
鴨肉を常温に置いておく。
鴨肉を常温に置いておく。


1. 鴨の皮に格子状に切り込みを入れます。

2. 赤身の部分に塩、こしょうをします。

鴨の皮に格子状に切り込みを入れる。
赤身の部分に塩、こしょうをする。
鴨の皮に格子状に切り込みを入れ、赤身の部分に塩、こしょうをする。

3. 鴨の皮を下にして、フライパンで焼いていきます。

※ 焼いていると鴨の脂が出てくるので、油を入れる必要はありません◎

鴨の皮を下にして、フライパンで焼いていく。
鴨の皮を下にして、フライパンで焼いていく。
鴨の皮を下にして、フライパンで焼いていく。

4. 鴨の脂をスプーンで全体に満遍なくかけながら、弱火でじっくり焼いていきます。

※ お肉の大きさにもよるので、目安ですが。約40分かけて焼きました◎

鴨の脂をスプーンでかけながらじっくり焼く。
鴨の脂をスプーンでかけながらじっくり焼く。
鴨の脂をスプーンでかけながらじっくり焼く。

5. ひっくり返して、赤身も約2〜3分焼いていきます。

ひっくり返して、赤身も約2〜3分焼く。

ひっくり返して、赤身も約2〜3分焼く。

6. アルミホイルに鴨肉を包んで、余熱でさらに火を通していきます。

※ フライパンに残った鴨の脂は保存容器に入れて、冷蔵庫で保管します◎ 

アルミホイルに鴨肉を包んで、余熱でさらに火を通す。
アルミホイルに鴨肉を包んで、余熱でさらに火を通す。
アルミホイルに鴨肉を包んで、余熱でさらに火を通す。
オレンジソースを作る。

1. オレンジをカットしていきます。

※詳しいオレンジのカットの仕方は、以前の記事、紫玉ねぎとオリーブのブラッドオレンジサラダ。作り方・レシピ。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

2. 鴨の脂を取り出したフライパンに、オレンジ、鴨の肉汁、醤油、はちみつ、ワインビネガー、塩、こしょうを入れて火にかけます。

鴨の肉汁【写真左】フライパンに材料を入れる【写真右】

オレンジソースを作る。
オレンジソースを作る。
オレンジソースを作る。

3. 煮詰まってきたら、バターを加えます。

 煮詰まってきたら、バターを加える。
 煮詰まってきたら、バターを加える。
煮詰まってきたら、バターを加える。
ルッコラと人参のサラダ。

1. ルッコラを洗って、人参の千切りと合わせます。

2. 塩、こしょう、ワインビネガー、オリーブオイルを入れて、さっと混ぜます。

ルッコラと人参のサラダを作る。
ルッコラと人参のサラダを作る。
ルッコラと人参のサラダを作る。

 

アルミホイルに包んでいた鴨肉をカットします。

鴨肉をカットする。

鴨肉をカットする。

お皿にオレンジソース、鴨肉、ルッコラと人参のサラダを盛り付けて、お好みでバルサミコ酢をサラダにかけて、できあがり♡

フライパンで作る!「鴨肉のオレンジソース添え」

フライパンで作る!「鴨肉のオレンジソース添え」