こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【天然酵母】自家製天然酵母で作るフランスパン「バゲット」生地の作り方・レシピ。

自家製天然酵母で作るフランスパン「バゲット」

お題「#この1年の変化」

 

この1年の中で一番変わったことは。

おうち時間が増えて、昨年の5月末から毎日書いている、このブログ。

そして、自家製天然酵母でパンやピザなどを作るようになったこと。

 

半年間「こにはめも」を書き続けた記録として、以前、天然酵母とピザについてお話しましたが。

今日は、ちょっと新たな試み◎

自家製天然酵母を使って、いつもと作り方を変えて作るフランスパン「バゲット」

 

いつもは、お水と小麦粉を混ぜて、天然酵母、お塩と入れて、作るところ。

今日は、天然酵母とお水を混ぜて、そこに小麦粉を混ぜたものを少し放置して。

それからお塩を入れて作ります◎

 

以前の記事、天然酵母とピザ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

自家製天然酵母。

昨年の3月下旬、コロナウィルスの影響でハンガリーのお店からイースト菌、強力粉が売り切れ続出。

どこを探してもイースト菌も強力粉も手に入らない状況。。

 

そんな中、友人が天然酵母を瓶で育てている写真と一緒に「小麦粉とお水で天然酵母作ってるよ〜!」とメッセージを送ってきてくれました。

それをきっかけに。

本当にできるのかな〜!??と半信半疑で作り始めた「薄力粉とお水」の天然酵母。

今もその天然酵母を大事に冷蔵庫に保管しています◎

 

小麦粉とお水で作る!天然酵母の作り方。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

天然酵母の保管方法。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

今日は、この天然酵母をいつもの作り方の順番をちょっと変えて作る、フランスパン「バゲット」◎

 

【天然酵母】自家製天然酵母で作るフランスパン「バゲット」

【天然酵母】自家製天然酵母で作るフランスパン「バゲット」

結果からお話しすると。

まだいろいろと改善点、クープ(切り込み)などはありますが。

パンの中の気泡もフランスパンのようになっていて◎

新しい手法で作る天然酵母パンは、

外がカリッと中がしっとりもちもちの「バゲット」ができあがりました◎

 

天然酵母の起こし方。

いつもは、きれいな瓶に天然酵母、お水、強力粉を全部一緒に入れて混ぜて。

パン生地を作る前日に用意しますが。

 

今日は、天然酵母とお水をよ〜く混ぜて、

そこに強力粉を足して混ぜる。

2つの工程に分けて混ぜてみました◎

天然酵母を用意する方法。

1. きれいな瓶に天然酵母 30gとお水100gを入れて混ぜます。

きれいな瓶に天然酵母 30gとお水100gを入れて混ぜる。
きれいな瓶に天然酵母 30gとお水100gを入れて混ぜる。
きれいな瓶に天然酵母 30gとお水100gを入れて混ぜる。

2.  強力粉 100gを入れて混ぜます。

強力粉 100gを入れて混ぜる。
強力粉 100gを入れて混ぜる。
強力粉 100gを入れて混ぜる。

3. 瓶の上にふわっとラップなどでフタをして室温に置いておきます。

※約8〜10時間室温に置いておくといいとされていますが。

気温によっても変化が違うので、様子をみながら◎

瓶の上にふわっとラップなどでフタをして室温に置いておく。
瓶の上にふわっとラップなどでフタをして室温に置いておく。
瓶の上にふわっとラップなどでフタをして室温に置いておく。

 約11時間後。

約2倍くらいに膨らんで、元気になっている天然酵母◎

約2倍くらいに膨らんで元気になっている天然酵母。
約2倍くらいに膨らんで元気になっている天然酵母。
約2倍くらいに膨らんで元気になっている天然酵母。

この天然酵母を使って、フランスパン「天然酵母のバゲット」を作っていきます。

いつもはホームベーカリーの捏ねる機能を使ったりしますが、

そこまで手間がかからないのでボウル一つで生地作り◎

 

ゴムベラなどで天然酵母、お水、強力粉をざっくり混ぜて、

お塩を入れて手でこねて。

ボウル一つで作っていきます◎

 

では、【天然酵母】自家製天然酵母で作るフランスパン「バゲット」生地の作り方・レシピ。をご紹介します◎

 

【天然酵母】自家製天然酵母で作るフランスパン「バゲット」生地の作り方・レシピ。

:材料:

天然酵母を起こす材料
  • 天然酵母(冷蔵庫に保管してあるもの)  30g
  • 水    100g
  • 強力粉   100g
バゲット生地
  • 強力粉   500g
  • 前日から用意してある天然酵母(天然酵母30g、水100g、強力粉100g) 230g
  • 水    320g
  • 塩      10g
  • オリーブオイル 適量

:作り方:

1.  ボウルに前日から用意してある天然酵母とお水を入れて混ぜます。

ボウルに前日から用意してある天然酵母とお水を入れて混ぜる。
ボウルに前日から用意してある天然酵母とお水を入れて混ぜる。
ボウルに前日から用意してある天然酵母とお水を入れて混ぜる。

2. 強力粉を入れて、ゴムベラなどで混ぜます。

強力粉を入れて、ゴムベラなどで混ぜる。
強力粉を入れて、ゴムベラなどで混ぜる。
強力粉を入れて、ゴムベラなどで混ぜる。

3.  生地が混ざったら、乾かないようにフタをして室温で2時間置いておきます。

生地が混ざったら、乾かないようにフタをして室温で2時間置く。
生地が混ざったら、乾かないようにフタをして室温で2時間置く。
生地が混ざったら、乾かないようにフタをして室温で2時間置く。

2時間後。

2時間後。

2時間後。

4. お塩を入れて、手で生地を約5分こねます。(こねているとまとまってきます◎)

※お塩はミルに入れて挽いたヒマラヤの岩塩を使用しています。

塩を入れて、手で生地を約5分こねる。
塩を入れて、手で生地を約5分こねる。
塩を入れて、手で生地を約5分こねる。

5. 折りたたむ工程を30分×4回行っていきます。

約30分後の生地はこちら♡

折りたたむ前の生地【写真左】折りたたんだ後の生地【写真右】

折りたたむ工程、1回目。(30分後)
折りたたむ工程、1回目。(30分後)
折りたたむ工程、1回目。(30分後)

折りたたむ工程の詳しい手順などは、

以前の記事、【天然酵母パン】基本の天然酵母パンの作り方。パン生地を作る。 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

30分×4回(約2時間)の工程が終わって、発酵が進んでいるパン生地はこちら♡

30分×4回(約2時間)の工程が終わって、発酵が進んでいるパン生地。

30分×4回(約2時間)の工程が終わって、発酵が進んでいるパン生地。

6. 保存容器にオリーブオイルを少し入れ、パン生地を分けて入れます。

※ 焼きたい大きさ、個数に分けて入れていきます◎

保存容器にオリーブオイルを少し入れ、パン生地を分けて入れる。

保存容器にオリーブオイルを少し入れ、パン生地を分けて入れる。

この状態で冷蔵庫で一晩休ませて、じっくり小麦の美味しさを引き出します◎

明日は、バゲットの形を作る方法と、焼き方についてご紹介します♡

 

【天然酵母】自家製天然酵母で作るフランスパン「バゲット」形の作り方・焼き方。 - こにはめも

konyhamemo.hatenablog.com