こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

りんごを使ってジューシーに!「鶏むね肉の塩唐揚げ」作り方・レシピ。

りんごを使ってジューシーに!「鶏むね肉の塩唐揚げ」

りんご、生姜、にんにく、お塩などで下味をつけて、

パサパサになりやすい鶏むね肉をジューシーに作る「鶏むね肉の塩唐揚げ」

鶏モモ肉で作るともっとジュワッとジューシーですが。

今日は、さっぱりジューシーに◎

 

昨日ご紹介しました、りんごをたっぷり使った「りんごとくるみのケーキ」

このりんごの一部を唐揚げの下味に使いました◎

以前の記事、簡単!ボウルひとつ、スプーンひとつで作る「りんごとくるみのケーキ」作り方・レシピ。 は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

すりおろしたりんごや生姜、にんにくに一晩つけておいて。

次の日に、油でさっと揚げるだけ◎

定番のお醤油味ではなく、

にんにくと生姜が効いた塩味の唐揚げも食欲をそそります◎

りんごを使ってジューシーに!「鶏むね肉の塩唐揚げ」

りんごを使ってジューシーに!「鶏むね肉の塩唐揚げ」

りんごでお肉が柔らかくなる?

よくりんごやパイナップルなどフルーツと合わせてお肉を調理すると柔らかくなる!というけれど。

なぜ??

りんごについて、ちょっと調べてみました。

 

「1日1個のりんごは医者を遠ざける」ということわざがあるように、

りんごは、栄養価が高いことでよく知られていますが。

食物繊維、ビタミンC、ミネラル、カリウムなど栄養豊富◎

また、りんごに含まれるりんごポリフェノールは脂肪の蓄積を抑制する効果があるとか。

  

さて。

りんごと一緒にお肉を調理すると、なぜ柔らかくなるのか?

 

これは、お肉のたんぱく質を分解する酵素「プロテアーゼ」が入っているから。

またこのプロテアーゼは消化を助けてくれる酵素でもあるそうです◎

プロテアーゼの多く入っている果物・野菜

・パイナップル ・パパイヤ ・いちじく

・キウイ ・プルーン ・りんご

・メロン ・ゴーヤ ・玉ねぎ

りんごでお肉が柔らかくなる?

りんごでお肉が柔らかくなる?

今日は、お肉を柔らかくする効果のあるりんごを隠し味に。

鶏むね肉の塩唐揚げをちょっと多めに作って、作り置きにもします◎

 

では、りんごを使ってジューシーに!「鶏むね肉の塩唐揚げ」の作り方・レシピをご紹介します♡

りんごを使ってジューシーに!「鶏むね肉の塩唐揚げ」作り方・レシピ。

:材料:

  • 鶏むね肉 約600g
  • にんにく  2片 
  • 生姜    1片
  • りんご(すりおろし) 約大さじ2   
  • 塩   小さじ1
  • 砂糖  小さじ1
  • 酒(または白ワイン) 小さじ1  
  • ごま油  小さじ2
  • 片栗粉  50g
  • 小麦粉  15g
  • 揚げ油  適量

:作り方:

1. 鶏胸肉を一口大にカットして、保存容器に入れます。

2. にんにく、生姜、りんごをすりおろして、塩、酒(または白ワイン)ごま油を入れて混ぜます。

3. 冷蔵庫に入れて一晩、しっかり下味をつけます。

 にんにく、生姜、りんごをすりおろして、塩、酒(または白ワイン)ごま油を入れて混ぜる。
 にんにく、生姜、りんごをすりおろして、塩、酒(または白ワイン)ごま油を入れて混ぜる。
にんにく、生姜、りんごをすりおろして、塩、酒(または白ワイン)ごま油を入れて混ぜる。

一晩、下味をつけた鶏むね肉はこちら♡

一晩、下味をつけた鶏むね肉。

一晩、下味をつけた鶏むね肉。

4. 器に片栗粉と小麦粉を混ぜたものを用意して、鶏胸肉に薄くまぶして、油でいい色になるまでカリッと揚げていきます。

※ 揚げ油は、小鍋に大体2〜3cmくらい入れました◎

器に片栗粉と小麦粉を混ぜたものを、鶏胸肉に薄くまぶして、油でいい色になるまで揚げる。
器に片栗粉と小麦粉を混ぜたものを、鶏胸肉に薄くまぶして、油でいい色になるまで揚げる。
器に片栗粉と小麦粉を混ぜたものを、鶏胸肉に薄くまぶして、油でいい色になるまで揚げる。

5. お皿にキッチンペーパーなどを敷いて、しっかり油を切って、できあがり♡

りんごを使ってジューシーに!「鶏むね肉の塩唐揚げ」

りんごを使ってジューシーに!「鶏むね肉の塩唐揚げ」

今日は、りんごを隠し味に、そしてりんごの嬉しい効果を使ってジューシーな「鶏胸肉の塩唐揚げ」

ちょっと多めに作って作り置きしました◎

明日は、残ったものを使って簡単にサラダにアレンジしたものをご紹介します。