こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

オーブンで作る!揚げない「イタリアンチキンカツ」作り方・レシピ。

オーブンで作る!揚げない「イタリアンチキンカツ」

鶏むね肉を油で揚げずにオーブンで作る、簡単「イタリアンチキンカツ」

鶏むね肉を卵とレモン汁、オリーブオイルと塩こしょうを混ぜたものに漬けて、

パン粉にパルメザンチーズとパセリを混ぜたものをさっとつけて、

オーブンで焼くだけ◎

 

今日は、ちょっと多めに作って作り置き。

油でひとつひとつ揚げずにオーブンで一気に焼けてしまうのも嬉しい◎

油で揚げないヘルシーな「イタリアンチキンカツ」

オーブンで作る!揚げない「イタリアンチキンカツ」

オーブンで作る!揚げない「イタリアンチキンカツ」

卵とレモン汁、オリーブオイルに漬けておくことで、パサパサになりやすい鶏むねもしっとり、そしてほのかにレモンの香りが◎

 

パン粉にパルメザンチーズを混ぜることによって、チーズの油分がパン粉と一緒に焼けて、カリッとした食感とチーズの香りが美味しい!

よく冷えた辛口の白ワインやロゼワインなどとも相性ぴったり◎

 

今日は、雨模様の予報のブダペストでしたが。

お昼は雲ひとつない青空の広がる、いいお天気になりました。

午後から、雨、雪になるとか。

ほんとかな〜。

雲ひとつない青空。

雲ひとつない青空。

では、オーブンで作る簡単!「イタリアンチキンカツ」作り方・レシピ、ご紹介します♡

オーブンで作る簡単!「イタリアンチキンカツ」作り方・レシピ。

:材料:

  • 鶏むね肉   約700g
  • レモン果汁  2/1個分
  • オリーブオイル 大さじ1
  • 卵      1個
  • 塩      お好みで
  • こしょう   お好みで
  • パン粉    100g
  • パルメザンチーズ(または粉チーズでも◎)  50g
  • パセリ    大さじ1

:作り方:

1. 鶏胸肉をそぎ切りにします。

2. ボウルに、レモン果汁、オリーブオイル、卵、塩こしょうを入れて混ぜます。

3. そぎ切りにした鶏胸肉を②に入れて漬けておきます。

ボウルにレモン果汁、オリーブオイル、塩こしょう、卵を入れて混ぜる。
鶏胸肉を漬ける。
ボウルにレモン果汁、オリーブオイル、塩こしょう、卵を混ぜて、鶏胸肉を漬ける。

4. パン粉、パルメザンチーズ、パセリ(みじん切り)を混ぜます。

※パルメザンチーズの塊の場合は、角切りにして、フードプロセッサーなどに入れて撹拌すると粉チーズのようになります◎

パン粉、パルメザンチーズ、パセリ(みじん切り)を混ぜる。
パン粉、パルメザンチーズ、パセリ(みじん切り)を混ぜる。
パン粉、パルメザンチーズ、パセリ(みじん切り)を混ぜる。

5.オーブンを180℃に設定して温め始めます。

6. 天板にオーブンペーパーを敷いて用意します。

7. 漬けておいた鶏胸肉の両面に④をつけていきます。

※この時、手で押し付けるようにギュッギュっとつけていきます◎

漬けておいた鶏胸肉の両面にパン粉をつける。
漬けておいた鶏胸肉の両面にパン粉をつける。
漬けておいた鶏胸肉の両面にパン粉をつける。

8. 天板にパン粉をつけた鶏胸肉をのせて、並べていきます。

天板にパン粉をつけた鶏胸肉をのせて、並べる。

天板にパン粉をつけた鶏胸肉をのせて、並べる。

9.  鶏胸肉をつけたパン粉とパルメザンチーズ、パセリが残った場合。

天板の鶏胸肉の上にパパッとのせます。

パン粉、パルメザンチーズ、パセリが残った場合、天板の鶏胸肉の上にのせる。

パン粉、パルメザンチーズ、パセリが残った場合、天板の鶏胸肉の上にのせる。

パン粉、パルメザンチーズ、パセリが残った場合、天板の鶏胸肉の上にのせる。

10. あらかじめ温めていた180℃のオーブンで約30〜40分焼きます。

※オーブンによって火加減が違うので、目安です◎  

いい色に焼けたら、オーブンから取り出します。

いい色に焼けたら、オーブンから取り出す。

いい色に焼けたら、オーブンから取り出す。

いい色に焼けたら、オーブンから取り出す。

11. できあがり♡

オーブンで作る!揚げない「イタリアンチキンカツ」

オーブンで作る!揚げない「イタリアンチキンカツ」

鶏むね肉を使って他の簡単レシピ、

フライパンで簡単に!鶏むね肉のイタリアン焼き。作り方・レシピは、 こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com