こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【ハンガリー】世界遺産に登録されている、ブダペストの「英雄広場」と市民公園。

ブダペストの「英雄広場」

ブダペストの中心地、アンドラーシ通りを抜けた先にある「英雄広場」(Hősök tere:フーシュク テレ)

アンドラーシ通り、そして英雄広場は2002年に世界遺産として登録されました。

 

今はなかなか外出ができない状況なので。

今日は、夏に撮影した写真と共に「英雄広場」、そして英雄広場の後ろにある「市民公園」をご紹介します。

ブダペストの英雄広場。Hősök tere:フーシュク テレ

ブダペストの英雄広場。Hősök tere:フーシュク テレ

アンドラーシ通り。

ブダペストの観光名所の一つ、大聖堂のあるバイチ-ジリンスキ通り(Bajcsy-Zsilinszky út)から市民公園(Városliget:ヴァーロシュリゲット)までの大通り。

「アンドラーシ通り」(Andrássy út:アンドラーシ通り)

 

この大通りの下には地下鉄1号線が走っていて。

この地下鉄は、ハンガリーでは、ロンドンの地下鉄の建設と同時期1860年に建設が始まり、1863年に蒸気で動く(蒸気機関車?)地下鉄が開通されたそうです。

また1896年にはヨーロッパで初の地下鉄、それがこのブダペストの1号線です。

 

アンドラーシ通りには、オペラ座やオクトゴンと呼ばれるブダペストの中心地を通り、作曲家のコダーイが住んでいた広場「コダーイ広場」、そして英雄広場、セーチェーニ温泉と停車駅が観光名所もたくさん!

アンドラーシ通りの先に見えるのが、英雄広場。

アンドラーシュ通り。Andrássy út:アンドラーシュ ウート。

アンドラーシ通り。Andrássy út:アンドラーシ ウート。

まっすぐアンドラーシ通りを歩いて行くと、右手にMűcsarnok:ムーチャルノクと呼ばれる現代美術館。左手にSzépművészeti Múzeum:セープムーヴェーセティ ムーゼウムと呼ばれる国立西洋美術館があります。

国立西洋美術館。

現代美術館。

国立西洋美術館と現代美術館。

この二つの美術館の真ん中にある広場が、「英雄広場」

ブダペストの英雄広場。Hősök tere:フーシュク テレ

ブダペストの英雄広場。Hősök tere:フーシュク テレ

英雄広場。

その名の通り、ハンガリーの歴史上の英雄(国王や、政治家、将軍など)初代国王聖イシュトヴァーンやブダ城を建てたべーラ四世、マーチャーシュ王などハンガリーの国王、そしてラーコーツィ・フェッレンツ、コシュート・ラヨシュなどが銅像となって広場に並んでいます。

広場の真ん中には、1956年のハンガリーの動乱においてソ連に対抗し、処刑された当時の首相ナジ・イムレが1989年にここに再び埋葬されたそうです。

 

その後ろにはハンガリー建国1000年を記念しての白い円柱の記念碑。

記念碑の上には王冠と十字架を手にした大天使のガブリエルの像。

この天使の像にはちょっとした伝説があって。

初代国王の聖イシュトヴァーンの夢に戴冠するようにと天使が現れたそうで。

そのことから、大天使ガブリエルの像が作られたそうです。

ハンガリー建国1000年を記念しての記念碑。

ハンガリー建国1000年を記念しての記念碑。

市民公園。

英雄広場からさらに奥を歩いて行くと。

緑豊かな市民公園、Városliget:ヴァーロシュリゲットに行くことができます。

市民公園(Városliget:ヴァーロシュリゲット)

市民公園(Városliget:ヴァーロシュリゲット)

さらに歩くと、、

物語に出てくるようなお城。

Vajdahunyad vára:ヴァイダフニャド ヴァーラ。

実はこのお城、誰も住んだことがないそう。

1896年にハンガリー建国1000年記念として建てられた、ヴァイダフニャド城。

Vajdahunyad vára:ヴァイダフニャド ヴァーラ。

Vajdahunyad vára:ヴァイダフニャド ヴァーラ。

Vajdahunyad vára:ヴァイダフニャド ヴァーラ。

 

このお城の門をくぐって入って行くと。

クリーム色のお城のような建物、ハンガリー農業博物館(Magyar Mezőgazdasági Múzeum:マジャール メズーガズダシャーギ ムーゼウム)が見えてきます。

ハンガリー農業美術館(Magyar Mezőgazdasági Múzeum)

ハンガリー農業美術館(Magyar Mezőgazdasági Múzeum)

お城(Vajdahunyad vára:ヴァイダフニャド ヴァーラ)の門をくぐると。

 

左の写真の銅像は、Darányi Ignác(ダラーニ イグナーツ)

19世紀末から20世紀にかけて、活躍されたハンガリーの政治家であり、農業大臣。

彼の銅像の正面に建っている農業博物館[写真右]の設立の支援をされたようです。

お城(Vajdahunyad vára:ヴァイダフニャド ヴァーラ)の門をくぐると。
お城(Vajdahunyad vára:ヴァイダフニャド ヴァーラ)の門をくぐると。
お城(Vajdahunyad vára:ヴァイダフニャド ヴァーラ)の門をくぐると。

英雄広場の後ろに行くと、こんな緑豊かな公園があります。

かつては、英雄広場も同じような緑豊かな公園だったそうですが。

1938年に今のような、タイルを敷き詰めたような状態になったようです。

 

ハンガリー人にとって憩いの場所でもある市民公園。

お天気の日のブダペストを過ごす一つとして、美術館や英雄広場を観た後、歴史的建造物に囲まれながら、緑豊かな市民公園のお散歩もおすすめです◎

市民公園(Városliget:ヴァーロシュリゲット)

市民公園(Városliget:ヴァーロシュリゲット)