こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【ハンガリーのお菓子】くるみとアプリコットジャムのケーキ「zserbó:ジェルボー」作り方・レシピ。

【ハンガリーのお菓子】くるみとアプリコットジャムのケーキ「zserbó:ジェルボー」

くるみとアプリコットジェムを挟んで、チョコレートをかけた層になったケーキ「zserbó:ジェルボー」

ケーキ屋さんなどで1年中食べられるケーキなので、クリスマスのお菓子というより、クリスマスに焼く方が多いハンガリーのお菓子。

 

ハンガリーのお菓子の中で大好きなお菓子の中には入る一つ♡

生のイーストを使って、ローストしたたっぷりのくるみ、夏にこのお菓子「zserbó:ジェルボー」のために?!自家製アプリコットジャムを作り、毎年クリスマスに焼く恒例のお菓子。

 

涼しい場所に保管しておけば、1週間は日持ちすると言われていて。

ちょっと作るためには、手間のかかるお菓子なので、

クリスマスに向けて焼く場合、数日前に用意する方が多い気がします◎

 

コーヒーや紅茶にもぴったりのお茶菓子。

小さめにカットして、ちょっとづつ食べようと思いますが、、くるみとあんずとチョコレートの相性が本当に美味しい「zserbó:ジェルボー」

【ハンガリーのお菓子】くるみとアプリコットジャムのケーキ「zserbó:ジェルボー」

【ハンガリーのお菓子】くるみとアプリコットジャムのケーキ「zserbó:ジェルボー」

ジェルボーの材料。

ジェルボーの材料は、主に小麦粉、バター、生のイースト、牛乳、お砂糖、くるみ、アプリコットジャム。

 

ハンガリーのくるみ。

くるみは400g。ローストして使います◎

オーブンで焦げないように気をつけながら、焼きました。

くるみをローストする前。
くるみをローストした後。
くるみをローストする。

自家製アプリコットジャム。

アプリコットジャムは、夏に作っておいた自家製のジャム。

いよいよ出番がやってきました!

 

以前の記事、一晩寝かせて作るアプリコットジャム。作り方・レシピは、こちらからdどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

自家製アプリコットジャム。

自家製アプリコットジャム。

ハンガリーの生のイースト。

ハンガリーのスーパーではこの生のイーストをよく見かけます。

お菓子やパンなどに利用する方が多く、ヨーグルトやチーズを売っている乳製品のコーナーに置かれていることが多いです。

ハンガリーの生のイースト。
ハンガリーの生のイースト。
ハンガリーの生のイースト。

ハンガリーのお菓子「zserbó:ジェルボー」はいろんな作る方法があるそうですが。

ハンガリー人の友人たちが喜んでくれるこのレシピは、

私がハンガリーに来て間もない頃に購入したレシピ本を基に作り始め、

ケーキの生地を薄く伸ばし、くるみとアプリコットジャムをた〜っぷり入れたこにはめもオリジナルレシピ。

 

では早速、【ハンガリーのお菓子】くるみとアプリコットジャムのケーキ「zserbó:ジェルボー」の作り方・レシピをご紹介します♡

【ハンガリーのお菓子】くるみとアプリコットジャムのケーキ「zserbó:ジェルボー」作り方・レシピ。

:材料:

生イーストの準備
  • 生のイースト  20g
  • 牛乳    50g
  • 砂糖    10g
ジェルボーの生地
  • 薄力粉    400g
  • バター    200g
  • 砂糖      50g
  • 塩    ひとつまみ
  • たまご     1個
  • 打ち粉    適宜

 

  • アプリコットジャム  1瓶(1L)
  • くるみ      400g
  • 砂糖       100g
チョコレート(コーティング用)
  • ブラックチョコレート  200g
  • 牛乳   100g

:作り方:

1. 小さいお鍋に、牛乳、お砂糖、生のイーストを入れて沸騰しないように気をつけながら弱火で溶かしていきます。

牛乳、お砂糖、生イーストを弱火にかける。
牛乳、お砂糖、生イーストを弱火にかける。
牛乳、お砂糖、生イーストを弱火にかける。

2. あらかじめ室温に戻しておいたバター、お砂糖、たまご、お塩をボウルに入れて混ぜます。

バター、お砂糖、たまご、お塩をボウルに入れて混ぜる。
バター、お砂糖、たまご、お塩をボウルに入れて混ぜる。
バター、お砂糖、たまご、お塩をボウルに入れて混ぜる。

3. 小麦粉、準備していた生のイースト(牛乳、砂糖、生イースト)を入れて、混ぜます。

小麦粉、準備していた生のイーストを混ぜる。
小麦粉、準備していた生のイーストを混ぜる。
小麦粉、準備していた生のイーストを混ぜる。

 

4. あらかじめローストしておいたくるみを200gづつフードプロセッサーで細かくして、お砂糖50gと混ぜます。

※2層にするので、くるみ200gとお砂糖50gを混ぜたものを2つ用意します。

細かくしたくるみとお砂糖。

細かくしたくるみとお砂糖。

5. 生地を3等分に分けて、打ち粉をした台の上で、生地を薄く伸ばし、天板にのせます。(約3mmくらいに伸ばしました)

※この時、オーブンを170℃に温め始めます。

ジェルボーの生地を伸ばし、天板にのせる。

ジェルボーの生地を伸ばし、天板にのせる。

6. アプリコットジャムを瓶の半分くらい全体にのせていきます。

アプリコットジャムをのせる。

アプリコットジャムをのせる。

7. 用意しておいた④のくるみを全体にのせていきます。

※この時、手のひらで軽くトントンと押さえてあげると◎

くるみとお砂糖を混ぜたものを全体にのせる。
くるみとお砂糖を混ぜたものを全体にのせる。
くるみとお砂糖を混ぜたものを全体にのせる。

8. 2枚目の生地を同じくらいの大きさになるように伸ばし、上にかぶせます。

2枚目の生地を同じくらいの大きさになるように伸ばし、上にかぶせる。
2枚目の生地を同じくらいの大きさになるように伸ばし、上にかぶせる。
2枚目の生地を同じくらいの大きさになるように伸ばし、上にかぶせる。

9. 残りのアプリコットジャムを全体に伸ばし、その上にくるみとお砂糖を混ぜたものをのせます。

アプリコットジャムとくるみとお砂糖を混ぜたものをのせる。

アプリコットジャムとくるみとお砂糖を混ぜたものをのせる。

10. 3枚目の生地を同じくらいかちょっと大きめに伸ばし、上にかぶせます。

11. 生地の周りをフォークで押さえるようにしっかり閉じていきます。

3枚目の生地を同じくらいかちょっと大きめに伸ばし、上にかぶせる。
3枚目の生地を同じくらいかちょっと大きめに伸ばし、上にかぶせる。
3枚目の生地を同じくらいかちょっと大きめに伸ばし、上にかぶせる。

12. つまようじor竹串などで、生地をさして穴を開けていきます。

つまようじなどで穴を開けていく。
つまようじなどで穴を開けていく。
つまようじなどで穴を開けていく。

13. あらかじめ温めていた170℃のオーブンで約40分ほど焼いていきます。

※オーブンによって焼き加減が違うので、焦げないように注意しながら焼くと◎

焼き上がりました♡

ジェルボー焼き上がり。

ジェルボー焼き上がり。

これで、ジェルボーは焼き上がりました♡

あとは粗熱をとって、トップをチョコレートでコーティングをしていきます。

明日は、簡単なチョコレートのコーティングの方法をご紹介します♡

【ハンガリーのお菓子】くるみとアプリコットジャムのケーキ「zserbó:ジェルボー」チョコレートコーティングの方法は、こちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

【ハンガリーのお菓子】くるみとアプリコットジャムのケーキ「zserbó:ジェルボー」

【ハンガリーのお菓子】くるみとアプリコットジャムのケーキ「zserbó:ジェルボー」