こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

【ハンガリー料理】ザワークラウトとソーセージのスープ「korhelyleves:コルヘイレヴェシュ」作り方・レシピ。

二日酔いに?!ザワークラウトとソーセージのスープ。

ザワークラウトとソーセージのスープは、ハンガリーでは二日酔いにいい!とされていて。

たくさん飲んだ次の日は、このスープを食べるとすっきりするそう。

 

ザワークラウト、ハンガリーのソーセージ、kolbász:コルバースとサワークリームが効いた酸味のあるスープ。

 

今日は、ハンガリー人の友人に教えてもらった、【ハンガリー料理】ザワークラウトとソーセージのスープ「korhelyleves:コルヘイレヴェシュ」のレシピをご紹介します♡

【ハンガリー料理】ザワークラウトとソーセージのスープ。korhelyleves:コルヘイレヴェシュ。

【ハンガリー料理】ザワークラウトとソーセージのスープ「korhelyleves:コルヘイレヴェシュ」

ハンガリーの大晦日。

日本のように除夜の鐘を聴いて、厳かな年越しを過ごす、、ということは全くなく。

ハンガリーの大晦日はとっても賑やか。

 

ハンガリーでは、12月31日大晦日は友人たちと集まって飲んで年越しを迎えるという習慣があって。

年越しをするカウントダウンが近づいてくると、新年と同時に花火が上がるのを楽しむためにどんどんブダペストの街中、ドナウ川沿いに人々が集まって盛り上がってきます。

 

楽しい年越しはお酒も進み。。

 

飲みすぎた翌日には、ザワークラウトとソーセージのスープ「Korhelyleves:コルヘイレヴェシュ」これを食べると胃がすっきりすると言われていて。

 

街中には仮装するためのキラキラのカツラやお面、長い紙笛などを売っている露店。

その長い紙笛は、通りすがりの人をポンポンっと叩いて年越しをお祝いするという不思議な習慣もあります。

仮装して、片手に紙笛。片手にシャンパン。

これが、ハンガリーの大晦日スタイル。

 

そんなお祭り騒ぎ、お酒をたくさん飲んだ次の日には、このスープ!と言うハンガリーの二日酔いの救世主?!

ザワークラウトとソーセージのスープ「korhelyleves:コルヘイレヴェシュ」

 

すっかり秋になり、寒くなってきたハンガリー。

二日酔いではなくても、寒い日の温かいスープは美味しいですね♡

【ハンガリー料理】ザワークラウトとソーセージのスープ。korhelyleves:コルヘイレヴェシュ。

【ハンガリー料理】ザワークラウトとソーセージのスープ「korhelyleves:コルヘイレヴェシュ」

【ハンガリー料理】ザワークラウトとソーセージのスープ。作り方・レシピ。

Korhelyleves:コルヘイレヴェシュ

:材料:
  • ザワークラウト 500g
  • 玉ねぎ 1個
  • にんにく 2片
  • ソーセージ(kolbász:コルバース)200g
  • サワークリーム 大さじ3
  • 小麦粉 大さじ1
  • オリーブオイル 適量
  • 塩 お好みで
  • こしょう お好みで
  • パプリカパウダー 大さじ1
 :作り方:
  1. にんにく(みじん切り)、玉ねぎ(みじん切り)、ソーセージkolbász:コルバース(輪切り)をカットする。
  2. お鍋にオリーブオイルを入れ、にんにく、玉ねぎを入れ軽く塩こしょうをして、炒める。
  3. ソーセージを入れ、炒める。
  4. ザワークラウトを加え、炒める。
  5. ザワークラウトがかぶるくらいのお水を入れる。
  6. パプリカパウダーを入れ、煮る。(約30分)
  7. サワークリームに小麦粉を入れて、混ぜたものをお鍋に加えよく混ぜる。
  8. お好みで塩こしょうをして、できあがり♡  

【ハンガリー料理】ザワークラウトとソーセージのスープ。korhelyleves:コルヘイレヴェシュ。

【ハンガリー料理】ザワークラウトとソーセージのスープ「korhelyleves:コルヘイレヴェシュ」