こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 よりレシピのメモ

【ハンガリー料理】豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込み。Székelykáposzta:セーケイ カーポスタ

【ハンガリー料理】豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込み。

Székelykáposzta:セーケイ カーポスタ

先日、ご紹介した【ハンガリー料理】豚肉のトマトとパプリカ煮込み。

煮込んだ半分は、別のお料理に使うためにたくさんの豚肉を使いました。

今日は、その半分の豚肉のトマトとパプリカ煮込みを使ってもう一品!ハンガリー料理。

ハンガリー人で嫌いな人はいないんじゃないかな?というくらいポピュラーなSzékelykáposzta:セーケイ カーポスタ。

ザワークラウトを加えて煮込み、サワークリームと一緒に食べるお料理。

 

ザワークラウト。ヨーロッパではよく食べられているキャベツのお漬物?

キャベツをお塩でもんで、乳酸発酵させたもの。

ハンガリーではザワークラウトをsavanyú káposzta:シャヴァニュー カーポスタと言って、酸っぱい(savanyú:シャヴァニュー)キャベツ(káposzta:カーポスタ)。そのまんま。

 

市場では自家製のザワークラウトを売っている方もいて。

作る方によって、キャベツの切り方、味付け、スパイス(ローリエ、マスタードシード、こしょう、クミンetc)の入れ方など、こだわりが違ったりするので、お味見してお好みのザワークラウトを見つけるのも楽しい。

 

市場で購入する際は、購入したい量を伝えると、ビニール袋にわさっとザワークラウトを入れてくれます。

ザワークラウトの発酵したにおいと、液体が漏れないように2重に袋を重ねて。 

市場で購入したザワークラウト。

市場で購入したザワークラウト。

 

豚肉のトマトとパプリカ煮込みにザワークラウトを加えたお料理はキャベツの酸味と豚肉とベーコンの旨味、さらにサワークリームのまろやかさが加わるという、ハンガリー料理の独特な美味しさ。

ハンガリー人はこのお料理にパンを添えて。ワインは辛口の軽めの赤ワインを合わせて食べることを好むようです◎

 

「豚肉のトマトとパプリカの煮込みをたくさん作っておくと、簡単に作れるよ〜」っとハンガリー人の友人に教えてもらったこのレシピ。

作り置き、冷凍しておけるのは嬉しいです♡

 

ハンガリー人も大好きな家庭料理。

今日は、先日作った豚肉のトマトとパプリカ煮込みを使って、簡単に【ハンガリー料理】豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込みをご紹介します♡

 

豚肉のトマトとパプリカ煮込みのレシピはこちらから♡

konyhamemo.hatenablog.com

【ハンガリー料理】豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込み。

【ハンガリー料理】豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込み。

 

【ハンガリー料理】豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込み。

Székelykáposzta:セーケイカーポスタ

:材料:
  • 豚肉のトマトとパプリカ煮込み 適量(今日は約半分の量を使いました)
  • ザワークラウト 1kg 
  • ベーコン 適量 (燻製のお肉がよりコクを出してくれます)
  • ローリエ  1枚
  • お水 適量
  • パプリカパウダー お好みで
  • サワークリーム お好みで
:作り方:

1. お鍋に豚肉のトマトとパプリカ煮込みを温める。

お鍋に豚肉のトマトとパプリカ煮込みを温める。

お鍋に豚肉のトマトとパプリカ煮込みを温める。

 

2. お鍋にザワークラウトを加える。

ザワークラウト(キャベツの酢漬け)を加える。

ザワークラウト(キャベツの酢漬け)を加える。

 

3. ローリエ、ベーコンを入れ、お水をひたひたになるくらいまで注ぐ。

ローリエ、ベーコン、お水を入れる。

ローリエ、ベーコン、お水を入れる。

少し煮込んでいくと、だんだん豚肉のトマトとパプリカ煮込みの色で全体が赤くなってきます。

少し煮込んでいくと、

少し煮込んでいくと、

 

4. 底からざっくりと混ぜ合わせる。

底からざっくりと混ぜ合わせる。

底からざっくりと混ぜ合わせる。

5. パプリカパウダーをお好みで加える。

パプリカパウダーをお好みで加える。

パプリカパウダーをお好みで加える。

 

6. 混ぜ合わせ、少し煮込む。

混ぜ合わせ、少し煮込む。

混ぜ合わせ、少し煮込む。

 

7. お皿に盛り付けて、お好みでサワークリームをかけてできあがり♡

【ハンガリー料理】豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込み。

【ハンガリー料理】豚肉とザワークラウトのパプリカ煮込み。