こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

ハンガリーの玉ねぎとフレッシュパセリのトマトサラダ。レシピ。

 ハンガリー人の1日の食生活。

ハンガリー人の一般的な食生活は、朝食と夕食は軽く、お昼はしっかり食べる!というのが一般的。

今日は、そのしっかりお昼を食べる時に添えられるハンガリーのトマトサラダをご紹介します♡

 

朝と夜の軽い食事を 「冷たい食事」

ハンガリー語でHideg kaja:ヒデグ カヤ。

Hideg: ヒデグ =冷たい。

kaja: カヤ =食事。

 

ハムやサラミ、チーズ、またはラードをバターのようにパンに塗った zsíros kenyér :ジーロシュ ケニェールとか。

kolbász :コルバースというハンガリーのソーセージやサラミなどをパンと一緒に。

パプリカやトマト、紫玉ねぎなどを添えて食べるご飯のこと。

 

お昼は温かい食事をとる習慣の多いハンガリー人。

「温かい食事」は、ハンガリー語でmeleg kaja:メレグ カヤ。

meleg:メレグ =温かい、暑い。

 

これはスープや、煮込み料理など温かいごはんのこと。

ハンガリーでは、お昼にしっかり食べる!と言う感じ。

 

ハンガリーのレストランでのランチ。

ハンガリーのレストランでは、最近、健康食ブームもあってランチメニューにサラダやお野菜たっぷり使用したベジタリアン用もありますが。

大体のランチメニューは、2品か3品で選べます。

1品目にスープ、そしてメインの2品。

3品の場合はそれに、デザートもといった感じ◎

夏日のブダペスト。

夏日のブダペスト。

 ハンガリー人がびっくりする日本の食生活。  

ハンガリー人に「日本の食生活ってどんな感じなの?」とよく聞かれますが、

朝ご飯から温かいご飯とお味噌汁、そしておかずもお野菜やお魚やお肉、たまご、納豆など種類も豊富な事に、、

「朝から、誰がそんなにたくさん、用意するの!?」と驚かれます。

 

さらに、お昼も夜も温かいご飯を食べる日本の食習慣は彼らにとっては考えられないそうで。

朝からそんなに食べてなぜ日本人は太らないの??と興味津々。

 

ハンガリー料理に添えられるサラダ。

ハンガリーの温かいご飯、というと。

かたまりのお肉をぼーんっと焼いてみたり、

揚げ物やお肉たっぷりの煮込み料理など食べ応え十分!という高カロリーの食事が多いのですが。

そんなハンガリーのお料理に合わせて、サイドメニューにも必ずあるサラダの数々。

 

その中でもトマト、玉ねぎ、パセリを使って簡単に作る夏のハンガリーの『トマトサラダ』paradicsomsaláta :パラディチョム シャラータをご紹介します♡ 

 

※ハンガリー語で paradicsom: パラディチョム =トマト。saláta:シャラータ =サラダ。

ハンガリーの玉ねぎとフレッシュパセリのトマトサラダ。

ハンガリーの玉ねぎとフレッシュパセリのトマトサラダ。

ハンガリーの『トマトサラダ』paradicsomsaláta :パラディチョム シャラータ。

ハンガリー人の友人がよく作ってくれる甘酸っぱいトマトサラダ。

材料はトマトと、玉ねぎ、パセリ。シンプルだけど、トマトの甘み、玉ねぎのピリッと感、そしてパセリの香りが美味しい組み合わせでペロリと食べてしまうサラダ。

夏のサイドディッシュにぴったりです♡

 :材料:

  • トマト  2-3個 (約500g)
  • 玉ねぎ 1個
  • フレッシュパセリ お好みで  
  • 塩  お好みで
  • コショウ お好みで
  • 砂糖 大さじ1
  • 酢 大さじ1〜2
  • 水 大さじ1

:作り方:

  1. 玉ねぎをみじん切り、トマトを半分に切ってスライスし、ボウルに入れる。
  2. 塩、コショウ、砂糖、酢、水を入れ軽く混ぜる。
  3. 冷蔵庫に入れ、少なくても30分くらい味をなじませる。
  4. パセリを細かく刻み、ざっくり混ぜる。
  5. できあがり♡