こにはめも

ハンガリーのキッチン「konyha:こには」 より料理とレシピのメモ

ハンガリー料理 Gulyás:グヤーシュとパプリカパウダー。

ハンガリー料理 Gulyás:グヤーシュ。

ハンガリー料理といえば、 "Gulyás:グヤーシュ" というくらいハンガリーを代表するシチューのようなスープ。

 

材料は主に、牛スネ肉、パプリカ、トマト、にんにく、玉ねぎ、人参、セロリの根、パセリの根、ジャガイモなど。

スープに手作りの "Csipetke:チペトケ" という小さいパスタを入れて、完成♡

作る作業 (パスタをちぎる感じ) がチペトケ、という音にぴったりだからそう呼ばれるようになったとか。

 

ハンガリー料理は基本的にラード (豚や鴨などの脂) を使って調理をするので、旨味もコクも、カロリーもすごい。

たまに食べるのは本当に美味しいけれど、私が作る時はオリーブオイルなどで代用してあっさり「グヤーシュ」にしています♡

 

「グヤーシュ」の作り方はこちらからどうぞ♡

konyhamemo.hatenablog.com

 

ハンガリー料理。グヤーシュ。

ハンガリー料理。グヤーシュ。

ハンガリー料理に欠かせないパプリカパウダー。

また、グヤーシュにも調味料として使う、パプリカパウダー。

ハンガリー料理には欠かせないスパイス。

ハンガリー語では "Piros paprika:ピロシュパプリカ"。

辛さは甘口〜辛口と様々。

パプリカをよ〜く乾燥させたものを挽いてパウダーにしたもの。

 

ハンガリー人は卵焼きにかけたり、パンにバターのようにラードをぬって、その上にふりかけたり、ハンガリーの食卓には欠かせないスパイス。

日本人のお醤油のようなものかな。

 

ハンガリーのスーパーや市場などで購入可能。

これは市場で出会ったもの。

ビニールの袋に入って、ゴムでぎゅっと縛って売っていた手作り感満載のパプリカパウダー。

私が手作りしたのよ〜!味見してみて〜!っと元気なおばさまから購入しました。

色は鮮やかな赤!ここが手作りのパプリカパウダーのポイントだそうです。

パプリカのお味や香りは、カレーや煮込み料理に入れてもとっても◎

美味しくなるのでよく使用します♡

手作りパプリカパウダー。

手作りパプリカパウダー。

外で楽しむグヤーシュ。

ハンガリーでの本来のグヤーシュの作り方は、「Bogrács:ボグラーチ」という焚き火の上に吊り下げて使うお鍋で作ります。

コトコトと時間をかけて、おしゃべり大好きなハンガリー人は何時間もお鍋のまわりでワインやビールを飲みながら仲間と楽しく作る、という夏のお楽しみ♡

 

外で過ごすことが気持ちのいいこの時期。

キャンプ道具やBBQ用品と一緒に "ボグラーチ" もショッピングモールや大型スーパーなどで売りはじめると夏が来たのかな〜っと思わされる品。

 

屋外で、火をくべて、コトコトと煮る。

時間はかかるけれど、これはキッチンで作ったものとは違った美味しさを味わえる「グヤーシュ」♡

 

ハンガリーで、焚き火の上でコトコトと煮たボグラーチのグヤーシュに出会ったら、ぜひお味見してみて下さい♡

グヤーシュ。外で。

グヤーシュ。ボグラーチ。